マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

管理業務主任者(マンション管理士)

「管理業務主任者試験」 独学での合格に必要な勉強時間

更新日:

管理業務主任者試験は、合格率が約20%程度の国家試験です。

難易度としては、十分に独学でクリアできる程度。

が、だからといって簡単なものではなく、それなりに長い勉強時間が必要になります。

 

今回は、「合格までにどの程度の勉強時間が必要か」というお話。

ちなみに、ここで書いた時間は、「合格が安心できる程度に、高めの得点ができるまで」を想定しています。

具体的には、安定して30点後半を得点できるくらい。

なんとなく35点前後が平均点で、「適当に2.3年受けたら受かるかな」程度の仕上がりは想定していません。

 

知識ゼロからの場合

約500時間~700時間程度。

優秀な方は別ですが、本当のゼロから始めるとなるとこの程度は必要かと。

1日2時間を勉強にあてて、300日で600時間なので、約10ヶ月くらいかな。

 

体感ですが、多くの方が試験開始の3ヶ月ほど前から勉強を始めている気がします。

その場合、実際は200時間~300時間程度の勉強時間で試験に臨んでいるのでは?

なかにはそれで受かる人もいるでしょうが、ゼロから始めたのでは、勉強時間が足りないように思います。

(試験慣れしているか、優秀な方か。あるいは、2年目の受験なら大丈夫かもしれません)

 

民法に関する基本的な知識がある場合

200時間~300時間程度。

 

「民法に関する基本的な知識」とは、宅建合格者程度の知識を指します。

「大学で法を修めた」、という場合もこれに該当します。

 

管理業務主任者の出題範囲は、大きく分けて

  • 区分所有法
  • 民法
  • 組合運営
  • 建築・建築基準法・設備
  • マンション適正化法

という区分けです。

民法の知識があれば、区分所有法・組合運営の二つについては、基礎学習をショートカットできる程度の予備知識があるはず。

断然早いです。

 

ちなみにですが。

私の場合、宅建⇒管理業務主任者と受験しました。

その経験からも、管理業務主任者試験の勉強の際、少なくとも民法の部分では、宅建の知識から追加して特別に理解しなければならない点はありませんでした。

宅建と比較しても、民法の出題レベルは低いように思います。

 

実務者の場合

100時間~200時間程度。

 

とはいえ、実務の経験年数や習熟度にもよるかと思います。

入社初年度だと、もっと気合を入れないといけないかな、とは。

 

なお、実務者、とは、「マンションの管理会社で働いてる」という方を指します。

これには、マンションの現場に配属され、点検や居住者対応、清掃を行う、いわゆる「管理人」の業務は該当しません。

マンション管理会社の事務所で、マンションの運営に関する実務を行う仕事をしている方を指します。

(「フロントマン」と呼ばれる職業の方です)

 

実務者が全く勉強せず受験してみると・・・

ちなみに、私は実務者です。

5年ほど前に、管理業務主任者の試験にも合格しています。

 

で、そんな私が、今回、まったく予備勉強せずに、2016年度の管理業務主任者試験をやってみました。

31点でございました。

合格点は、35点ですね。

落ちとるがな。

 

イヤア、使わない部分の知識は忘れちゃうんですよねー・・・。

たぶんですが、実務者からしたら、私と同じ程度の理解度からのスタートだと思います。

平均30点から合格レベルまで点数を上げるのに、100時間~200時間程度は必要、かな、と。

試験慣れしてて早い人は、50時間くらいでも間に合うかもね。

 

おわり

そんな感じです。

ここで書いたことは、私の感覚値でしかないです。

そして、やっぱり、どうしても試験勉強に向いた方とそうではない方(頭の良し悪しではなくて、試験で点数を取る事の向き不向き)ってのもいらっしゃいます。

一概に時間で言えた話ではないので、その点は、ご自身の理解度と照らし合わせて、なんとなく「へー」ってなくらいで見といてください。

 

今年度の試験まで、あと1年を切りました。

今から焦る必要はないです。

今から猛然とスパートをかけたところで、1年間も気力はもたないでしょうし。

 

時間は十分にあります。

しかし、それでも、夏休みの宿題よろしく期限が迫ってから始めたところで、時間が足りなくなることは明白です。

 

一つの区切りは、9月頃の、試験の申込時期じゃないですか?

そのあたりから、ようやく腰を上げる、って方が多いように思います。

「一体何時間あれば自分が合格できるのか」という事と、「1日何時間試験勉強に充てられるのか」ということはしっかり天秤にかけないと、あとあと大変ですよー。

シェア!

 

 

気に入って頂けましたら、シェアしていただけましたら嬉しいです!

-管理業務主任者(マンション管理士)

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2018 All Rights Reserved.