マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

給湯器

ガス給湯器の寿命は?耐用年数は? マンションの給湯器を実際に調べたデータと結果

投稿日:

ワタクシ、今はマンション管理の仕事をしていますが、数年前まではガス機器の販売をお仕事としておりました。

その中で、ガス給湯器の故障に立ち会う機会は、過去も今も、それなりにあります。

それでも、「寿命って何年?」 って聞かれると、うーん。

答えにつまる。

営業マンは、「8年~10年くらいっすね!」と嬉しそうに答えますが、あれは単純に「寿命を聞いてくるお客さんは買うつもり(自分の不安を取り除く作業をしているだけ)」だとわかっているからです。

 

そんなわけで、ガス給湯器の寿命について、ちょっと「実際に設置されているブツ」を調べました

客観的なデータを基に、私の主観で「給湯器の寿命」をご紹介。

 

ガス給湯器の寿命を調べた! 『今回の条件』

今回は、『給湯器の製造年月から取替年月を推測する』方法で、寿命を調べました。

具体的には、2000年に建設されたマンションに2016年製造の給湯器が設置されていれば、そのお宅は「16年の間、給湯器を利用して、取り替えた」としてカウントしています。

 

もちろん、2016年製造であったとしても、実際には業者さんの倉庫に数か月眠っていて、ホントは2017年に取り替えた可能性があります。

(16年で計算していたけど、ホントは17年使っていた可能性がある、ということです)

しかし逆に、新築の際も若干の誤差がでます。

具体的には、2000年にマンションが竣工していたとしても、実際に入居したのは2001年の可能性があります。

(16年で計算していたけど、ほんとは15年しか使っていなかった可能性がある)

 

結果として、「プラマイゼロ程度におさまるだろう」という、まぁそういうふわっとした感じのデータです。

 

気候風土

  • 日本の、関西地区のマンションを対象に調査
  • 塩害を受けない地区に限定

海の近くは含まれません。

ですので、明らかに「環境に左右される」という条件は無いかと。

 

設置条件

  • 築10年以上のマンションを対象
  • 全てPS内設置
  • メーカーの違いは考慮せず
  • 追い炊き有り、無しは考慮せず
  • 排気筒(エントツ)の有無は考慮せず

もちろん、家族構成によって給湯器の作動時間は大幅にかわります。

空き家となっていたら、そもそも起動すらしてないですし。

今回は、そういった「細かい」条件は概ね無視しています。

なお、「給湯機メーカーを考慮しない」、とはしていますが、今回すべての対象がノーリツorリンナイと、大手メーカーの給湯器が設置されていました。(どうでもいい話ですが、私は、給湯器はノーリツ、ガスコンロはリンナイが好きです)

 

また、ベランダ設置の給湯器は調査対象とはしていません。

これは、単純にベランダ設置の給湯器を目視確認ができないので、調査不能と言うだけの話です。

つまり、今回対象の給湯器は、「風雨にさらされているような、比較的条件の良くないものは対象ではない」という事。

 

特に、PS内に設置されている給湯器には雨がかかりません。

そして、PSという箱の中に給湯器本体が設置されているため、吹きさらしと比較して、周囲温度との差がマイルドになります。

そうした理由から結露が減り、発錆も抑えられ、結果として故障率が低減している「可能性があります」。

(データに基づいた確証はありません、あくまでも可能性の話です)

 

そゆわけで、ベランダ設置の給湯器や、あるいは戸建てに設置の給湯器は、今回のデータより短い取替えスパンになっているかもしれませんので、その辺はご理解ください。

さて。お待たせしました。

では、調査結果を発表。

 

Aマンションの給湯器の寿命調査結果

【A物件情報】

築年数:約27年

高温さし湯タイプのふろ給湯器が設置

【A調査結果】

12年目まで 取り替えゼロ
13年目 1
14年目 1
15年目 0
16年目 1
17年目 3
18年目 2
19年目 1
20年目 1
21年目 0
22年目 2
23年目 1
24年目 1
25年目 2
26年目 0
26年目 1

【Aまとめ】

取替済み給湯器 17
未取替 5
取替済み率 77%

【A備考】

間取りは50平米~70平米程度。

一人暮らしの方が多く、給湯器の延べ稼働利用時間は、比較的少ないと思われる。

なお、賃貸・空室多し。そのため、給湯器を長期間利用していない住戸の存在が気にかかる。

(それが何戸あり、どの程度利用していないのかは不明)

調べてみて、取替えしていない給湯器が5台もあった(30年近く稼働していることになる・・・)ことに驚いた。

 

Bマンションの給湯器の寿命調査結果

【B物件情報】

築年数:約20年

循環式追い炊き付きのふろ給湯器が設置

 【B調査結果】

15年まで 取り替えゼロ
16年目 2
17年目 2
18年目 1
19年目 2
20年目 2

【Bまとめ】

取替済み給湯器 9
未取替 22
取替済み率 29%

【B備考】

築後20年を迎えた今でも7割程度が未取替。

ピークは来ていない?

このまま毎年ゆっくりと取替えが進んでいくのかもしれない。

なお、空室は、過去から現在に至るまでほぼなし。

間取りは約70~90平米と、標準的な「築20年のマンション」と言える。

 

Cマンションの給湯器の寿命調査結果

【C補足情報】

築年数:約16年

循環式追い炊き付き、さらにセントラルヒーティングの給湯暖房機が設置。

浴室乾燥機、床暖房標準装備。

【C調査結果】

14年目まで 取り替えゼロ
15年目 1
16年目 2

【Cまとめ】

取替済み給湯器 3
未取替 19
取替済み率 14%

【C備考】

間取りは70平米~90平米程度のファミリータイプ。

想像以上に取替えが進んでいない。

給湯暖房機になったことによる故障率のアップはないのか。

(稼働時間の増加は、如実に関係があると思うのだけれど)

・・・ていうか、みんな床暖に浴乾ってあんまり使わないんだよねー。

 

Dマンションの給湯器の寿命調査結果

【D補足情報】

築年数:約16年

循環式追い炊き付き、さらにセントラルヒーティングの給湯暖房機が設置。

浴室乾燥機、床暖房標準装備。

【D調査結果】

14年目まで 取り替えゼロ
15年目 2
16年目 3

【Dまとめ】

取替済み給湯器 5
未取替 16
取替済み率 24%

【D備考】

Cとほぼ同条件。

Cと比較して、倍ほど取り替わっているが・・・。

単純な確率の揺らぎの範囲かと。

 

Eマンションの給湯器の寿命調査結果

【E補足情報】

築年数:約18年

循環式追い炊き付き、セントラルヒーティングなし。

【E調査結果】

12年目まで 取り替えゼロ
13年目 1
14年目 1
15年目 4
16年目 0
17年目 2

【Eまとめ】

取替済み給湯器 8
未取替 25
取替済み率 24%

【E備考】

ファミリータイプ。

やはり、12年くらいから取替えがスタートするようだ。

特にその他のコメントは、ない。

 

Fマンションの給湯器の寿命調査結果

【F補足情報】

築年数:約20年

循環式追い炊き付き、セントラルヒーティングなし。

【F調査結果】

9年目まで 取り替えゼロ
10年目 1
11年目 0
12年目 1
13年目 3
14年目 4
15年目 6
16年目 5
17年目 12
18年目 8
19年目 14
20年目 4

【Fまとめ】

取替済み給湯器 58
未取替 25
取替済み率 70%

【F備考】

ファミリータイプ。

なんだろう。

17年~19年目あたりスゲーな。

全体の1/3がここに集中してるw

 

総まとめ

A~Fまで、6つのマンションを合計した結果

12年目まで 取り替えゼロ
10年目 1
11年目 0
12年目 1
13年目 5
14年目 6
15年目 13
16年目 13
17年目 19
18年目 11
19年目 17
20年目 7
21年目 0
22年目 2
23年目 1
24年目 1
25年目 2
26年目 0
26年目 1

 

今回の結果から言えることは、「15年~19年前後で取り替えている家庭が非常に多い」という事実。

 

ちょっと反省

調査対象の物件自体を、高経年のマンションとしていなかった点は、素直に反省w

こんなに17年~20年に集中しているとは知らなかった。

これでは16年以降のきちんとしたデータがとれぬw

あまりに古すぎると、「二週目に入っている可能性あるから」と除外したんだよなーw

 

ガス給湯器が15年~20年前後で取り替えられている要因

給湯器の取り換えタイミングのほとんどは、「故障したとき」

そして、10年前後で故障した場合は、「一般には修理を選択するであろう」、ということ。

そのため、10年前後で取り替えている家庭が本当に少なかったのだろうと思う。

 

ちなみに、給湯器の本体価格が約15万円~20万円。

よく故障する「湯張り水コン」という部品は、工賃込みで修理費25000円程度。

お客さんもアンポンタンではありませんからね。

営業マンが取替えを進めてきたとしても、悩みながらも、10年くらいであれば修理するという思考はありかと。

例外は、「給湯器の交換と同時に床暖房を取り付けるために、給湯器本体の種類を変える」などの例ですが、残念ながらマンションでは、戸建てと違ってそんなことできません

そゆ背景もあって、マンションって給湯器が長持ちなんじゃないかなあ。

 

総評

やはり、耐用年数は15年程度と考えるのが妥当かと思いました。

給湯器の部品の製造・保管について、メーカーは「製造終了後8年」と、オフィシャルには発信しています。

とはいえ、この「8年」という年月は、単に「メーカーの責任の最低限のレベル」の話です。

(「8年までなら、必ず修理可能ですよ、安心してね」と言っている)

 

部品は、8年以上たってもだいたいあるので、8年をスリ込まれて8年で取り替える必要はないかと思います。

(ただし、ものによっては、製造終了後8年ピッタリで供給停止をやらかす部品もまれにあったりするので何とも言えませんが・・・)

 

余談、部品も強くなってる話

ガス屋の目線から考えると、1990年代は、給湯器の基盤に対して樹脂製コーティングが始まった時期でして。

基板が製品として「強くなった」時期です。

※樹脂で固定化されたことによる、振動等によるハンダはずれのリスク低減と、単に基板が濡れなくなったので、サビにくくなった。

(製品に採用されたのは2000年前後だったように思いますが、すいません、手元にデータがないので正確な年代はわかりません)

↓こんなやつです

http://www.tojo-ss.co.jp/potting/

現在では、”おそらく”全ての給湯器にこの技術が採用されています。

(おそらく、というのは、「メーカーに聞かないとそんなのわかんない」、という意味で。いやしかし、記憶をたどるに、あれ?そうえいば安いシリーズの給湯器はコーティングされてなかったような、いや、そうでもないような・・・。まあ、ユーザーとしては、気にしたところで何も変わらないので気にしなくていいと思います、データに関連するだろうという補足情報です)

 

とかく。

最近の給湯器は、基盤に関しては長寿命化が進んでいるのではないかと思う次第です。

とはいえ、セーフティもよくなっているので、止まりやすくもなってます。

果たして・・・。

 

給湯器の取り換えについて

「故障するまで放置する」というのが戦略上最も有利だろうとは。

古くなったとしても、極端に燃焼効率が悪くなっている(効率が悪くなってガス代が高くなっている)ようなデータはなかった(はず)ですし。

 

ユーザーが考えるべき問題は、「故障したからといって、即日給湯器が取り替えられるわけではない」という一点。

運が良ければ、即日工事してくれるところもあるかもしれないですけど。

 

作業員の手配、道具の手配、給湯器本体の手配、そして料金面での打ち合わせなど。

もろもろ考えていると、なかなかすぐに交換とはいきません。

短くても2.3日は、銭湯に行くつもりはしておいたほうがよろしいかと。

 

大人だけならなんとでもなりますが、赤ちゃんや、部活動をしている学生さんがいると、ちょっとどころかかなり大変ですね。

最近は銭湯も減りましたし・・・。

 

以上です。

何かのご参考になれば幸いです。

-給湯器

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.