マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

組合運営関連

なぜマンションのベランダで布団を干せないのか問題について

更新日:

結論から先に言いますと、マンションのベランダの手すり壁やガラスに布団は干せません。
これは、外からベランダを見上げて布団がぺろっとでてる状態がダメなのであって、『付属の物干しバーを使って自分のベランダ内で干すこと』や、椅子などの『モノの上に干すこと』はOKです。

一言でいえば「落ちたら危ないでしょ!」って話です。
布団干せないよ、ってわけじゃないのです。

今日はそんなお話のまとめです。

なぜマンションのベランダで布団を干してはいけないのか

理由は、大きくわけて三つあります。

  1. 布団をベランダにかけると落ちる可能性がある
  2. 見た目が悪い
  3. 管理規約に違反している(ここはマンションによりますが)

それぞれ、具体的に以下でご説明を。

1.布団をベランダにかけると落ちる可能性がある

実際問題、これが最大の要因です。
じゃあ、それってどの程度やべぇの?意外と落ちても大丈夫なんじゃね?
という向きのお話しもありますので、ざっくり計算してみました。

例)5階から布団おこっとした場合の、布団の速度

物体を落下させた時の速度を計算するには、

V=√2gh

で求められます。

理科の授業ではないので細かいところは省きますが、Vが求めたい速度、gは重力加速度、hは距離。
マンションは、1階あたり約3メートルほどの高さがあります。
5階なら、だいたい15メートル。

意訳すると、5階(15メートル)から物を落とせば地面にあたるころには秒速17メートルくらいの速さになってんだぜ、って話です。
時速になおすと61キロメートルくらい。まあまあ速い。
※空気抵抗は無視!!

じゃあそれがどの程度の衝撃なの?って話はまた難しいので書きませんが、どう考えても布団が時速60キロのスピードでふっとんできて無事でいられる気はしませんよね?

「私は気を付けているから落とさないよ、安心して!」

なんてお話もまれに聞きますが、それは「私は事故を起こさないから信号無視をしても大丈夫だよ、安心して!」と同じような発想です。

マンションに住む、という事は、『物理的に高い位置に住む』、という事です。
布団に限った事ではないのですが、ベランダからおもちゃ一つを落としただけで大参事、ということは、何の冗談でもなく本当にある事です。

まして、高い所はそれでなくても思いのほか風が強いものです。
更に布団なんて面積の大きくて風をもろにうけるような物体、しっかり固定していたとしても、何かの拍子にめくれあがってどっか飛んでっちゃうことがありえないなんてありえません。

2.布団をベランダで干すと見た目が悪い(景観上の問題)

先ほどのものと比較すると、「はぁ」って話なんですが。
単純に見た目がよろしくありません。

これは感性の問題としか言えないので、気にしない方もいらっしゃるはず。
しかし、気にしない方でも「気にする方もいるんだろうな」と、それはなんとなく理解頂けますよね?
とかく、「見た目が悪い」と感じる方がいる、ということ。

すると、ある一つの問題がでてきます。
マンションの価値、という側面です。

新築マンションは別ですが、中古のマンションを買う時や、或いは賃貸で探すとき。
間取りや設備の情報は不動産屋さんが教えてくれますが、近隣住人の情報までは教えてくれません。
するとどこを見るかというと、例えばゴミ捨て場だったり、ポストだったりの、「目に見える部分」で判断しようとします。
というか、そこしか見れないから。

そんな時に、ふと見上げればベランダで布団を干している方がいる。
こう思うかもしれません。

「あ、あそこの家はちょっとややこしい人が住んでいるのかもしれない」

もしくは、

「あ、ここのマンションは管理が悪いのかもしれない」

これってよろしくないですよね?
干してる当人はそれでもいいかもしれませんが、マンション全体にとっては歓迎する話ではありません。

そんな小さい事をと思われるかもしれませんが、個人の行動が、例え僅かでも全体の不利益に繋がっているのだとしたら。
仲良くマンションに住みたいものですよね。

3.ベランダの手すり壁に布団を干すことは管理規約で禁止されている

多くのマンションは、ベランダの手すり壁に布団を干すことを管理規約の中で禁止しています。
何故かというと、さっき挙げた理由です。
トラブルの原因だから、最初からそれを禁止しているのです。

じゃあ、管理規約で禁止していなかったらベランダで干していいの?

最近つくられた管理規約にはほぼ記載されているはずですが、20年以上前につくられた管理規約で一度も改定が行われていなかった場合は、ベランダ布団問題はふれていなかったりします。
いいとも悪いとも書いていない。

じゃあ干してもいいの?

という問いに対しては、マンション管理会社の立場からは「ダメです」と答えますが、「絶対か?その根拠は?」と言われると、特に見当たりません。
(私は聞いたことないですが、なんかあるのかな?)

確かにそれを縛る具体的な根拠はないのですが、しかし、そもそも管理規約で禁止される行為には、何かしらの理由があって禁止されています。
危ないから、見た目が悪いから。
みんなの和を乱す行為であるからこそ禁止されています。

それを、「ルールに書いていないからいいんでしょ?」と言われちゃうと、もう何でもアリになっちゃうよ!

ルールは守るため、守らせるためにあるのではなくて、みんなが仲良く暮らせるためにあるのが本来のルールです。
守ってくれない方には事情を説明して守ってもらう努力も必要です。いろんな人いますから。

ただ「管理規約で禁止されているからヤメロ」と言うと遺恨が残りますから、きちんとわけを説明してご理解頂く。
管理規約の整備も必要ですが、その周知活動も同じくらい大切なことです。

 

おわり

以上。

ちなみに、ふとんに直射日光あてたら痛むらしいよ。

叩くのもだめなんだって。

 

-組合運営関連

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.