給湯器

ガス給湯器 20号と24号の違い

ガス給湯器。

20号と24号の違いは、明確に「火力」です。

号数が大きくなればなるほど、お湯をたくさん作れる、ということになります。

お湯を作る能力

24号は、20号より大きい

 

「どちらがお勧めですか」という話は、家族構成と生活パターンにもよるので、一概に言えた話ではないです。

ざっとご紹介すると、

  • 子供がいる場合は、断然24号がおすすめ
  • 夫婦2人暮らしの場合は、20号でもOKかな
  • 給湯器本体の価格差が気にならないなら、とりあえず24号を選んでおくと、快適

という感じです。

給湯器の「号数」の意味は?

「水温+25度のお湯を、1分間に何リットル出せるか」

という中の、「何リットル」が、号数に当たります。

 

水温を15度と仮定して、何リットルのお湯が出せるかを計算してみます。

 

例えば、24号の給湯器であれば、

「水温15度+25度のお湯を1分間に、24リットル出せる」

という意味となります。

 

16号の給湯器であれば、

「水温15土+25度のお湯を、1分間に16リットル出せる」

という意味になります。

 

ちなみに、これは、エコジョーズでも、そうでないものも同じ計算です。

補足:水温について

真夏なら、25度前後。真冬なら5度~10度前後、です。

地域や環境にも左右されますので、目安です。

 

40度のお湯を作ろうとすると、40度マイナス25度で、15度。

水温を15度と仮定すると計算が簡単なので、上ではそのように書いています。

冬場だとお湯の量は少なくなりますし、逆に夏場だともっとたくさん出湯できます。

給湯器おすすめの号数が、家族構成によって変わる理由

給湯器の号数を決める時に、最も大切なことは、「同時にお湯を使うか」という一点。

  • 浴槽にお湯を貯めながら、キッチンでお皿を洗う
  • シャワーを使いながら、キッチンでお皿を洗う

こういった使い方をする家庭は、16号ではお湯を作る能力が不足していていますから、20号以上のものをつけておかないと、相当ストレスです。

 

一人暮らしの場合は、同時に使う事も少ないですが、家族が多くなればなるほど、同時に使う可能性が高いですよね。

具体的に、給湯器でお湯が作れる量を計算

まず、給湯器の出湯量(お湯が作れる量)は、以下の計算式で算出することができます。

毎分出湯量=(号数×25)÷(湯温-水温)

 

計算式は以下の通りです。

※今回、お湯の温度は42度と設定。

 水温は、真冬だと5度~10度前後なので、今回は条件厳しめの5度と設定します。

 

◆24号の出湯量

毎分出湯量=(24号×25)÷(湯温42度-水温5度) 

 ⇒毎分、16.21リットルのお湯が作れる

 

◆20号の場合

毎分出湯量=(20号×25)÷(湯温42度-水温5度) 

 ⇒毎分、13.51リットルのお湯が作れる

 

◆16号の場合

毎分出湯量=(16号×25)÷(湯温42度-水温5度) 

 ⇒毎分、10.81リットルのお湯が作れる

 

各家庭に必要な湯量は?

各設備が使っているお湯の量は、目安ですが、以下のような感じです。

シャワー 毎分10~15リットル
キッチン・手洗い 毎分4~6リットル

これを、前項に当てはめて、ご自身の家庭で必要な量を考えてみてください。

 

例えば、冬場、20号で作れるお湯の量は、13.51リットルでした。

シャワー1箇所で10~15リットルくらい必要ですから、20号の場合は、シャワーだけで限界です。

16号であれば、10.81リットルしか作れないので、シャワーだけでも、若干、不足の傾向です。

※現実には、地域にもよるものの、水温はもう少し高い場合が多いと思われること。そして、毎分10リットルもあれば、「温泉施設のへなちょろシャワーよりは、ちょっと強い程度」のシャワーの勢いがありますので、16号であったとしても、日常生活に支障が出る程度の心配までは不要です。

 

以上を踏まえて、家庭別に簡単にまとめると、次のようになります。

16号給湯器をおすすめする方

1人暮らしで、お湯についてはそれほど気にしないなら、16号で十分です。

1人暮らしの場合で、二ヵ所以上でお湯を使うシーンは、友人がきたときくらいなので。

 

ただし、「冬場、浴槽にお湯をはりながらの皿洗い」絶望的です。

皿洗いと湯船にお湯をはるタイミングは重りやすいので、ここだけは注意。

20号給湯器をおすすめする方

2人以上で暮らすなら、20号以上の能力がなければ何かとストレス。

というか、20号でも、「シャワーと台所」の同時給湯があれば、体感できる程度にはお湯の量が減ります。

「シャワーが使えない」、くらいまでは落ちませんが、気になるなら24号にしておいた方が無難です。

24号給湯器をおすすめする方

4人以上の家族がいる場合は、何も考えずに24号でよろしいかと思います。

また、子供がいるなら、人数や子供の年齢に関係なく、24号にしておいたほうが快適かと。

給湯器の号数変更は、可能な場合が多い

給湯器本体や、リモコンのサイズ(形状)は、同一のシリーズであれば、同じ様に作られています。

ですので、16号から24号へ取り替える際の、形状的な問題はありません。

(何かのイレギュラーがあってできなかったらスイマセン)

 

ただし、設備的に、水道管・ガス管の口径が極端に小さい場合、設置ができない可能性があります。

この辺は、ケースバイケースでしかないので、工事業者さんにお尋ねくださいまし。

(特に、築30年を超える古いマンションだと、敷地へ引き込みの共同配管径が細くて、号数アップができない可能性がありマス)

20号と24号で、ガス代の違いはない

号数とは「1分間に作れるお湯の量」を示すものであって、ガスの燃焼効率を表すものではありません

つまり、「同じお湯の量を作るならば、ガス代は変わらない」ということになります。

 

ただし、実際のガス代は、号数が大きいほう高くなります。

なぜか?

 

それは、同じ分量だけ蛇口をひねったとしても、号数が大きいほうが、自然にたくさんお湯を作れちゃうから。

号数が低い(お湯を作る能力が低い)場合、求められている必要量のお湯が作れないために、自然とお湯の量が制限されています。

いわば、強制的な節約状態。

だから、(使ってる水の量が少ない代わりに)ガス代も比較的安く済む、というわけです。

20号と24号で、故障率は同じ

違わない(はず)です。

両者で違うのはバーナーのサイズです。サイズの違いだけで、作動する仕組みは同じです。

また、給湯器本体も、ほぼ同じ部品を利用していますので、壊れやすい部分(電子基板とかヒューズとか)の劣化具合も、そんなに違いはない(はず)です。

 

また、号数が違ったとしても、ユーザーの生活パターンが変わるわけではないですよね。

となれば、使用時間もそう大きく変わるようなものはないでしょうから、結果的に、寿命や故障率に大きな違いはないんじゃないかな、と、思います。

論理的にはこの通りですが、実際のところはどうなんでしょうね。

メーカーは何万時間の稼働実験してるはずなので、何らかのデータはあるかもしれません。

まー、あったとしても誤算範囲でしょうから、ユーザーが気にするレベルではないと思いますが・・・。

おわり

給湯器は、給水配管からの水を、ガスの力で温めてお湯にしています。

なので、水温によって作れるお湯の量はかわります。

 

冬場は必然、お湯の量は少なくなり。

夏場だと、たくさんお湯が作れます。

 

夏場に給湯器を交換する際は、「冬場どうだっけ?」という事を思い出して頂ければ。

どうしても、夏場の感覚で給湯器の号数を選ぶと失敗しちゃいます。

 

ちなみに、24号より大きい給湯器(28号とか、32号とか)も、販売はされていますが、通常、一般家庭向きのラインナップではありません。

4人家族程度の、一般的な日本の家庭であれば24号まででよろしいかとは思います。

(2か所給湯であれば24号で十分事足りるし、3か所給湯でも、お湯の量が若干少ないだけで使用には問題ないので)

 

お風呂が二ヵ所ある、等の場合はちょっと注意が必要なので、そういう場合は、設置業者さんの意見をお聞きになられた方がよろしいかと思います。

ABOUT ME
はじめちゃん!
はじめちゃん!
分譲マンションを管理する会社に勤めています。 資格:管理業務主任者/マンション管理士/宅地建物取引主任士/マンション維持修繕技術者/二級電気工事士/建築業計理士二級/二級建築士/1級船舶免許

POSTED COMMENT

  1. 器用人 より:

     建て替え前のマンションにはびっくりするほど大きな、バランス型瞬間湯沸かし器がついていました。 号数は忘れましたが、台所と風呂を同時に給湯しても、湯量は減りますが、問題なく湯が出ました。 洗面所も使うと、湯量はかなりへり、使いにくかったです。 バランス型ですから、吸排気は外部ですので、不完全燃焼しても住居部分は問題が生じません。 温暖地ですので、配管が凍り湯が出なくなった記憶もありません。
     建替え後は、給湯機がメーターボックス内にあり、配管が凍結することもありません。
     3か所給湯しても、昔と違い、湯量は少し減りますが、お湯はちゃんと出て、問題はありません。

  2. バランス釜で3箇所給湯ですか?
    珍しい工事してますね、リフォームなさったのかな。
    バランス釜は容量的にも少ないですしね、ちょっと不便だったかもしれないですねー。

  3. 器用人 より:

     バランス湯沸かし器は、建て替え前のマンションの物で、50年前のことですから、大昔です。 10年程騙し騙し使いましたが、騙せなくなって買い換えました。 規格に合うものがまだあったので、交換できましたが、20年程使った方は、規格に合うものがなく、足場まで組んで交換されました。 性能向上等には仕方がないとは思いますが、住宅機器の規格は、互換性を重視してほしいです。

  4. 日本で、マンションが事業として出発したときくらいのやつじゃないですかw
    足場組んで給湯器交換とは・・・
    本、一冊書けるんじゃないですか、それw

  5. 器用人 より:

     文才がないので本は書けませんが、くだないもめ事には山ほど巻き込まれ、解決には相手の意見を聞き、誠実に対応したため、大ごとになりませんでした。 相手の言うことでまともなことがあり、こちらが間違っていたこともあります。 逆に若いころは、無茶なこともして、迷惑を掛けたこともあります。 迷惑をかけた方には謝罪し、今は何事もなくお付き合いをさせていただいています。 信義誠実の原則を貫いた行動が評価されたと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。