マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

給湯器

ガス給湯器 20号と24号の違い

更新日:

ガス給湯器。

20号と24号の違いは、明確に「火力」です。

号数が大きくなればなるほど、お湯をたくさん作れる、ということになります。

お湯を作る能力

20号<24号

 

どちらがお勧めですか、という話は、家族構成と生活パターンにもよるので、一概に言えた話でもないのですが。

選び方は、

  • 子供がいる場合は、断然24号がおすすめ
  • 夫婦2人暮らしの場合は、20号でもOK
  • 給湯器本体の価格差が気にならないなら、とりあえず24号を選んでおくと、快適

という感じです。

 

給湯器の「号数」の意味は?

「水温+25度のお湯を、1分間に何リットル出せるか」

という中の、「何リットル」が、号数に当たります。

 

例えば、24号の給湯器であれば、

「水温15度+25度(40度)のお湯を1分間に、24リットル出せる」

という意味となります。

 

16号の給湯器であれば、

「水温15度+25度(40度)のお湯を、1分間に16リットル出せる」

という意味になります。

 

ちなみに、これは、エコジョーズでも、そうでないものも同じ計算です。

補足:水温について

真夏なら、25度前後。真冬なら5度~10度前後、です。

地域や環境にも左右されますので、目安です。

 

給湯器おすすめの号数が、家族構成によって変わる理由

給湯器の号数を決める時に、最も大切なことは、「同時にお湯を使うか」という一点。

  • 浴槽にお湯を貯めながら、キッチンでお皿を洗う
  • シャワーを使いながら、キッチンでお皿を洗う

こういった使い方をする家庭は、16号ではお湯を作る能力が不足していていますから、20号以上のものをつけておかないと、相当ストレスです。

 

一人暮らしの場合は、同時に使う事も少ないですが、家族が多くなればなるほど、同時に使う可能性が高いですよね。

 

具体的に、給湯器でお湯が作れる量を計算

まず、給湯器の出湯量(お湯が作れる量)は、以下の計算式で算出することができます。

毎分出湯量=(号数×25)÷(湯温-水温)

 

計算式は以下の通りです。

※今回、お湯の温度は42度と設定。

 水温は、真冬だと5度~10度前後なので、今回は条件厳しめの5度と設定します。

 

◆24号の出湯量

毎分出湯量=(24号×25)÷(湯温42度-水温5度) 

 ⇒毎分、16.21リットルのお湯が作れる

 

◆20号の場合

毎分出湯量=(20号×25)÷(湯温42度-水温5度) 

 ⇒毎分、13.51リットルのお湯が作れる

 

◆16号の場合

毎分出湯量=(16号×25)÷(湯温42度-水温5度) 

 ⇒毎分、10.81リットルのお湯が作れる

 

 

各家庭に必要な湯量は?

各設備が使っているお湯の量は、目安ですが、以下のような感じです。

シャワー 毎分10~15リットル
キッチン・手洗い 毎分4~6リットル

これを、前項に当てはめて、ご自身の家庭で必要な量を考えてみてください。

 

例えば、冬場、20号で作れるお湯の量は、13.51リットルでした。

シャワー1箇所で10~15リットルくらい必要ですから、20号の場合は、シャワーだけで限界です。

16号であれば、10.81リットルしか作れないので、シャワーだけでも、若干、不足の傾向です。

※現実には、地域にもよるものの、水温はもう少し高い場合が多いと思われること。そして、毎分10リットルもあれば、「温泉施設のへなちょろシャワーよりは、ちょっと強い程度」のシャワーの勢いがありますので、16号であったとしても、日常生活に支障が出る程度の心配までは不要です。

 

以上を踏まえて、家庭別に簡単にまとめると、次のようになります。

 

16号給湯器をおすすめする方

1人暮らしで、お湯についてはそれほど気にしないなら、16号で十分です。

1人暮らしの場合で、二ヵ所以上でお湯を使うシーンは、友人がきたときくらいなので。

 

ただし、「冬場、浴槽にお湯をはりながらの皿洗い」絶望的です。

皿洗いと湯船にお湯をはるタイミングは重りやすいので、ここだけは注意。

 

20号給湯器をおすすめする方

2人以上で暮らすなら、20号以上の能力がなければ何かとストレス。

というか、20号でも、「シャワーと台所」の同時給湯があれば、体感できる程度にはお湯の量が減ります。

「シャワーが使えない」、くらいまでは落ちませんが、気になるなら24号にしておいた方が無難です。

 

24号給湯器をおすすめする方

4人以上の家族がいる場合は、何も考えずに24号でよろしいかと思います。

また、子供がいるなら、人数や子供の年齢に関係なく、24号にしておいたほうが快適かと。

 

 

給湯器の号数変更は、可能な場合が多い

給湯器本体や、リモコンのサイズ(形状)は、同一のシリーズであれば、同じ様に作られています。

ですので、16号から24号へ取り替える際の、形状的な問題はありません。

(何かのイレギュラーがあってできなかったらスイマセン)

 

ただし、設備的に、水道管・ガス管の口径が極端に小さい場合、設置ができない可能性があります。

この辺は、ケースバイケースでしかないので、工事業者さんにお尋ねくださいまし。

(特に、築30年を超える古いマンションだと、敷地へ引き込みの共同配管径が細くて、号数アップができない可能性がありマス)

 

20号と24号で、ガス代の違いはない

号数とは「1分間に作れるお湯の量」を示すものであって、ガスの燃焼効率を表すものではありません

つまり、「同じお湯の量を作るならば、ガス代は変わらない」ということになります。

 

ただし、実際のガス代は、号数が大きいほう高くなります。

なぜか?

 

それは、同じ分量だけ蛇口をひねったとしても、号数が大きいほうが、自然にたくさんお湯を作れちゃうから。

号数が低い(お湯を作る能力が低い)場合、求められている必要量のお湯が作れないために、自然とお湯の量が制限されています。

いわば、強制的な節約状態。

だから、(使ってる水の量が少ない代わりに)ガス代も比較的安く済む、というわけです。

 

20号と24号で、故障率は同じ

違わない(はず)です。

両者で違うのはバーナーのサイズです。サイズの違いだけで、作動する仕組みは同じです。

また、給湯器本体も、ほぼ同じ部品を利用していますので、壊れやすい部分(電子基板とかヒューズとか)の劣化具合も、そんなに違いはない(はず)です。

 

また、号数が違ったとしても、ユーザーの生活パターンが変わるわけではないですよね。

となれば、使用時間もそう大きく変わるようなものはないでしょうから、結果的に、寿命や故障率に大きな違いはないんじゃないかな、と、思います。

論理的にはこの通りですが、実際のところはどうなんでしょうね。

メーカーは何万時間の稼働実験してるはずなので、何らかのデータはあるかもしれません。

あったとしても0.1%以下の誤算範囲でしょうから、ユーザーが気にするレベルではないと思いますが・・・。

 

おわり

給湯器は、給水配管からの水を、ガスの力で温めてお湯にしています。

なので、水温によって作れるお湯の量はかわります。

 

冬場は必然、お湯の量は少なくなり。

夏場だと、たくさんお湯が作れます。

 

夏場に給湯器を交換する際は、「冬場どうだっけ?」という事を思い出して頂ければ。

どうしても、夏場の感覚で給湯器の号数を選ぶと失敗しちゃいます。

 

ちなみに、24号より大きい給湯器(28号とか、32号とか)も、販売はされていますが、通常、一般家庭向きのラインナップではありません。

4人家族程度の、一般的な日本の家庭であれば24号まででよろしいかとは思います。

(2か所給湯であれば24号で十分事足りるし、3か所給湯でも、お湯の量が若干少ないだけで使用には問題ないので)

 

お風呂が二ヵ所ある、等の場合はちょっと注意が必要なので、そういう場合は、設置業者さんの意見をお聞きになられた方がよろしいかと思います。

 

 

本文は以上です。以下、給湯器交換のCM。興味のある方だけどうぞ

給湯器の取替については、以下のネットショップでも対応してもらえます。

(対応エリアは、埼玉県・千葉県・東京都・京都府・奈良県・滋賀県・大阪府・兵庫県ですので、ご注意!)

 

ネットショップだと思って甘く見ていましたが、かなり安いです。

地域は限られるものの、いけそうなら是非見積を依頼してみてください。

ネットでの見積なら無料です。

 

ちなみに、これ、どのくらい安いのか。

ガス屋さんで私、働いてましたから、その経験からご説明してみます。

 

例えば、以下の機種(おそらくもっとも設置されているスタンダードな機種です)を例にとって考えてみます。

品番:GT-2450SAWX-2 BL

24号オートタイプ 追炊き機能付 屋外壁掛型 設置フリータイプのものです。

セット内容
給湯器本体 306,000
浴室・台所リモコン 23,000
給水管接続工事費 16,000
給湯管接続工事費 16,000
ガス管接続工事費 8,000
産業廃棄物処理 3,000
事前現場出張確認費(ご希望の場合) (5,000)
合計(税抜) 372,000

 

値引きなしだと、372,000円もかかる機種です。

それが、同社ではなんと113,000円

259,000円引きって、もうよくわかりません。

 

 

とはいえ、「値引きだけスゴいけど冷静に考えたら普通ですよね」商法って世の中にあふれてます。

そんなことないです。

この価格がどのくらいがスゴイか。

 

具体的にお知らせすると。

ぶっちゃけ、ですが、普通の住宅設備機器屋さんの販売価格って、上記と同じ機種なら15万円から20万円くらいなんですよ。

具体的には、本体が5割引、リモコンが2割引き、工事費がガス工事込みで3万円。

合計、約20万円。

安めの設定をしているガス屋さんでも、ここから5万円くらい引いて、15万円前後だと思います。

圧倒的に安いんですよ、全然お世辞とかじゃなくて。

 

ネットショップでも同機種を調べてみました。

 

ちょっとゴチャゴチャしててわかりにくいですが、本体が6万円くらいで、リモコンが1.5万円くらいかな?

合計、7.5万円。

これは、工事費ナシです。

ネットショップで買って、近くのガス屋さんに工事お願いしても、3万円くらいかかりますよ?

自分で工事できるならそれでもいいですが、そうではないのであれば、自分でネットショップで商品を仕入れるくらいの費用でお願いできるんですよ。

 

というか、自分ならどの機種を選べばいいのかわからないですよね?

「自分の家にどの機種が設置できるのか」を調べる知識代も、見積りには含まれてるんですよ。

この価格は、すっごいお得です。

 

じゃあ、保証が心配ってなりませんか?

結論を言うと、これもそれほど心配はありません。

 

まず、機器本体の保証は、販売店ではなく、給湯器メーカーが行います。

万が一、初期不良等が発生した場合は、これについては、どこの工事屋さんで購入しても、給湯器メーカーに修理を依頼することになります。

保証書や、領収書さえきちんと保管していれば、(最悪のケースを想定して)販売店が倒産したとしても、心配は無用です。

 

次に、工事の不良について。

これは、設置業者に責任があるので、メーカーに求める事は難しいです。

また、職人さんの技量にもよる部分がないことはないので、その点は、「企業の社会的責任」が追及できるか否かを図るにはネットショップは少々不安です。

 

ここはもう、「大々的にネットで商売してる」という1点で信頼するしかないですね。

・・・のですが、給湯器の取替工事は、実のところ、そう大きく配管をさわる工事はしません。

給湯器のカタチも、ほぼ同じもの。

それを入れ替える工事なので、そんなにさわるとこはないんですよ。

だから、工事の不良といってもそう起こるようなものでもないんですよねー。

 

そんな感じで、かなりオススメです。

といいながらも、ガス屋さんに見積もりをお願いするのと、ネットショップにお願いするのと。

どっちがいいか迷いますよね。安くないお金ですし。

 

「とりあえず」、の方法として。

見積は無料だと思いますので、両方に見積もりをお願いして、「相見積」をとってみてはどうですか?

 

どうしてもネットショップが不安であれば、ネットの価格をガス屋さんに見せれば、多少の値引きに応じてくれるかもしれませんし。

スゴク安いので、是非、見積だけはとってみてください~。

シェア!

 

 

気に入って頂けましたら、シェアしていただけましたら嬉しいです!

-給湯器

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2018 All Rights Reserved.