マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

資格関連

管理業務主任者などの、資格試験のテクニック

投稿日:

受験のテクニック。

「問題の解説」ではないです。

そういうのは、テキストとか読んでください。

 

「より得点しやすくする」ための、知識以外の技術、という感じ。

ノウハウ、というほどのもんではありませんけど、誰かの役に立てば。

独学だと、誰も教えてくれないと思うので。

 

 

問題の解き方 編

私が実際に解いたやつを公開

百聞は一見に如かず、ということで。

H28年度の試験を、実際に解いた時の残骸です。

以下で、一つ一つ解説していきます。

 

最終的な解答を、問題の横に書く

「問1」の左上に「1」と書いてますよね。

これが、自分の導き出した最終的な回答です。

(1に書いた大きなマルは、答え合わせした時のやつなので、それは気にしないでください)

 

問題用紙に解答を書いてから、マークシートへ書き込みます。

これは、見直しの効率を上げる目的と、マークシートの記入ミスを防ぐ目的があります。

 

絵を描くと理解度が上がる

右下の空白に、絵をかいていますよね。

絵、というか、相関図ですけど。

文字だけだとわかりにくいので、相関図を書けば理解できるようになります。

きれいな図はいりません。自分がわかる程度で構わないです。

私もかなり省略していて、「保佐人」のことを、「保」と略しています。

 

「正しいものはマル」、「正しくないものはバツ」で書く

問題文を読んで、正しい選択肢にはマル。正しくないものはバツ。

これは、不変の法則です。

例えば、「正しくないものを答えよ」という問題で、自分の回答がバツ(正しくない)だった場合。

こういう場合に、「正しくないから、問題としては正解という意味で」マルを書いたら、後で混乱します。

「正しくない選択肢に、マルがついてる」状態になるからです。

ですから、「選択肢は正しくない」という意味でバツを書きます。

ちなみに、画像でイの選択肢がうにゃうにゃなっているのは、合ってるかなー、間違ってるかなー、でマルとかバツとか書いたからです。

気にしないでください。

 

わからない問題は、仮の答えで埋める

選択肢の4つ中、3つがわからない場合。

こういう場合は、考えてもほぼ答えは見つかりません。

飛ばして次の問題に進んだほうがいいです。

知らないものにしたいして頭を使っても、知らないものは知らないので。

 

ただし、必ず「仮の答え」をだしてください

そして、マークシートも塗りつぶしてください。

問題を答え忘れて、マークシートがひとつずつ段違いになる、というリスクが減ります。

 

マークシートは、解答するたび、塗りつぶす

問題を1問解く ⇒ マークシートを塗りつぶす

を、してください。

あとでまとめてマークシートとをぬりつぶす、はお勧めしません

 

なぜかというと、「答えがわかってても、マークシートを塗りつぶしてないと合格しないから」。

あとでまとめてマークをしてもいいのですが、仮に、「時間が足りなくて全部答えきれなくて、マークシートが塗りつぶせなかった場合」必ず落ちますよ!

それとか、腹痛で途中で退場した場合とか。

可能性は低いと思いますが、そういうリスクを減らすため、1問解くたびに、マークシートを塗りつぶしましょう

 

自信のある選択肢には、スラッシュを入れる

「ゼッタイに間違っていないと確信をもてる」選択肢には、スラッシュを入れます。

画像では、私は「ウ」と「エ」の回答に自信がありました。

ですので、両者にスラッシュをいれました。

 

こうすることで、悩みの対象は「ア」と「イ」だけだと、はっきりとわかりますよね。

見直しの効率化と、心理的な負担が減る効果があります。

ただし、この場合、スラッシュを入れた自信のある問題でも「日本語の読み間違いで、ホントは間違ってる」という可能性もあるので、見直しの時は、まあ、ちょっと注意してください。

(時間に余裕があれば、見直しの時にスラッシュ問題も再度 解いてください。なければ、スラッシュ以外の選択肢の見直しだけ、というかたちでもいいです。それだけで効率的に見直しができます)

 

それと、自信のある問題にも、スラッシュを入れましょう。

画像では、「問題1」にスラッシュを入れています。

これは、「この問題は理解して回答した」という自分へのサインです。

正解している可能性が高い問題なので、時間がないなら、見直しからは省きます。

 

問題は、「よく」読む

「日本語の読み間違い」「勘違い」「早とちり」

本当はわかっていたのに・・・。

 

模擬問題を解いた後、答えあわせをすると、そういう問題ってありませんか?

しょうもないミスを回避するため、文字は飛ばさず、一字一句、文字を追って読む「クセ」をつけてください。

雰囲気で文章を飛ばさないように気をつけて!

 

「及び」「並びに」などの、接続詞の用法の違いを知る

法律用語において、「及び」と「並びに」は、厳密に使い分けられています。

こちらのページが、非常に役に立ちます。

一度は、ご覧ください。

http://adminn.fc2web.com/houmu/kisoyougo/kisoyougo.html

全てを理解する必要はないと思いますが、「ああ、そういうこと」となるかと。

日本語が読みにくい場合(特に区分所有法など)は、もしかしたら、接続詞を正しく使っているがゆえに、読みにくくなっているかもしれません。

一応、ルールは知っておいてください。

ヒントになるかもしれません。

 

見直しはする

まあ、当たり前っちゃ当たり前ですが、見直しはしてください。

「ゼッタイにあっている確信がある」という問題でも、「もしかしたら間違っているかも」という前提で、疑ってかかってください。

意外と、それで1点くらいは稼げます。

 

試験の裏技的な話

特に裏技というわけではないんですけど、問題によっては、よく読めば「日本語的にあり得ない」選択肢や、「それが正しかったとしたら、日本終わるよね」みたいな選択肢が出てきます。

「受験生をひっかけてやろう」と試験元が頑張るが故の弊害です。

 

以下の本は、まあ、そういうのの対策が載ってます。

この本は、宅建士のもので、管理業務主任者用のものではありませんし、少々めんどくさいことが書いてあるので、おすすめはしませんが、一読すると、少し違った目線から試験をみることができるかもしれません。

(宅建士のものですが、情報自体は普遍的な試験対策として利用できます。この手の管理業務主任者のテキストもあったような気はするのですが・・・。なくなったのかな。)

 

このテキストは、「業務の理解度を上げて合格する」のではなくて、「試験の理解度を上げる」類です。

正攻法ではないです。私好みではありますがw

説明しにくいので、1600円を捨ててもいいと思うなら買ってみてください。

ただし、合う合わないもあるので、「見なければよかった」という方はいると思います。

「自分は素直だ」と思うなら、やめたほうがいいかと。

小手先のテクニックに振り回されるだけなので。

逆に合格が遠のくかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スラスラ解ける!宅建士ウラ技合格法(’17年版) [ 中澤功史 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/11/2時点)

追記

管理業務主任者 2016年度版はありました。

「アマゾンへの直リンク」

2017年度は見当たらない。作ってないのかなあ。

買うならこっちがおすすめ。

 

持ち物 編

シャーペン2本+鉛筆2本

消しゴムは3つ

時計は二つ

テッシュ・ハンカチ

それと、仕上げのテキスト

 

文房具の用意は過剰気味ですが、なくなったら答えられないので、予備の用意はしてください。

消しゴムは、100均の安いやつじゃなくて、MONOとかの少し高いやつがいいですよ。

マークシートを消すときに、安いプラスチック消しゴムだと黒いのが残りやすいので、少しタイムロスです。

 

時計は、会場にないことが多いです。

試験管が、30分刻みくらいで教えてくれることも多いので、なくても困らないとは思いますが、あるにこしたことはないです。

急な電池切れに備えて、100均のものでもいいので、一つ余分に持っておくと安心。

 

シャーペンの動作不良なんかに備えて、エンピツも予備を。

(まあ、なくてもかまわないですけど、お守りみたいなもんです)

 

「試験当日に気にしないといけないことは、極力なくす」の精神で。

 

あと、受験票と、お財布と、免許証も持っていきましょう。

エンピツの類は、なければコンビニで買ってもいいので、そこまで神経質にならなくていいですが、上記のものは必須です。

 

万が一、受験票を忘れたら

もし忘れたら、当日、会場で本人確認をしてもらわないといけません。

そのために、免許証は必ず持っていきましょう。

(受験票がなくても受験は、たぶん、できると思います、やったことないんで知らないんですけど・・・。試験会場で、「受験票ない方はコチラ」みたいな看板はよく見ますので、なんとかなるかと。とはいえ、一応、私の言葉は信じずに試験先に聞いてみてください)

 

とはいえ、受験票なんて忘れないことが第一です。

前日にカバンの中に全部詰め込んでおいて、忘れないようにしましょう!

で、どうしても忘れちゃったら、そん時はそん時で対応できるだけの準備もしておきましょう。

(受験票を取りに帰って遅刻、とかシャレになんないです。ギリギリ間に合っても気持ちも焦ってろくなことありません。忘れちゃった場合は、あせって家に帰らず、まずは受験先に問い合わせて、無くても大丈夫かどうか聞いてみてくださいまし)

 

そのほかの話

前日は良く寝て、朝はちゃんと起きる。

寝起きすぐは頭が動きません。

 

朝ごはんはちゃんと食べてください。

お昼ご飯は、あんまり取らないほうがいいかと思って、私はそうしています。

お昼ご飯食べたほうが力が出るなら、食べたほうがいいと思いますよ。

(まあ、気持ちの問題というところもありますけどw 科学的には、「血糖値の上昇・下降で起こる体調の変化」、的な話です。私は詳しくないので、気になるようならぐぐってくださいまし)

 

あと、トイレは、必ず試験の直前に行ってください。

私は、試験問題が配られた「後」に、手を挙げて「すいませーん、といれー」と言います。

(どんな試験でも、問題を配った後、5分程度は余裕があります。私は、試験官が説明してるときに席を外したりしています)

 

空いてて楽ですし、気持ちが落ち着きます。

まあ、和を乱すのはあんまりよくないと思うのと、すこしばかりの度胸もいるのでおすすめはしません。

みんながそんなことしだしたらしっちゃかめっちゃかですし。

 

試験当日 編

試験学校の冊子を活用しよう

試験会場で、各試験学校が「最終チェックポイント」みたいな冊子を配っています。

ありがたく片っ端からもらいましょう。かなり有益な情報がかかれています。(あと、ティッシュくれたりします)

 

「アンケートに名前書いて」って言われたら、苦笑いして無視しましょう。

勧誘はしつこいかもしれませんが、無視してたらそのうち去っていきます。

 

試験会場に到着したら

試験会場には、できれば30分ほど前についてください。

(それよりも早くつけるなら、そのほうがいいと思います。遅刻も防げますし)

 

そして、ゆっくりと周囲を見渡してください。

みんな、なにやってますか?

本を開いて問題を解いている人、スマホを見てる人、友達と話している人(だいたい「勉強してねーすわー」とか言ってます)、いろいろです。

年齢は? 男女比は?

まあ、たぶんおっさんばっかりだと思うんですけど・・・。

 

いろんな方が、いろんな形で試験を受けに来ています。

どうですか、皆さん必死でしょう。

なんだか勝てそうな気がしませんか?

 

全員に勝つ必要なんてないんです。

割合で合格する試験なので、「36点を取れば合格する」のではなくて、「100人の中で15人以内になれれば合格する」んですよ。

目に見えるやつらは、カボチャかパンプキンばっかりです。

どうですか? 簡単に思えてきませんか?

有象無象は蹴散らしましょう。

 

まあ一種の自己暗示みたいなところありますが、なんにしても、「落ち着く」ことが必要です。

試験に飲まれないことが大事。

 

試験が始まったら

試験官の「はじめ」の声があったら、すぐに問題に取り掛かるんではなくて、ペンを置いて、深呼吸しましょう。

どうせ1分ボーっとしてたところで、結果は変わりませんよ。

2時間もあるんですから。

(ボーっとしてたら高確率で試験官と目が合って「ん?どうしたの?」って顔されますが気にしてはいけません)

 

で、ひとしきり落ち着いたあと、とりあえず名前書いてから、試験問題に取り掛かりましょう。

焦ってもいいことないので、周囲のカリカリという音に引き込まれないこと。

自分のペースを作る、というイメージ。

 

以上

思いつくところらへんは以上です。

何度も試験問題といてると、「自分の型」みたいなもんができてくるとは思います。

私は、上記のようなものになりました。

(他人の解き方はしらないので、よくわかりません。特段に珍しいもんではないと思いますが・・・)

 

ひとそれぞれ やりやすい方法もあるでしょうから、「これがいい」というわけではありませんけれど、まあ、何かのご参考になれば、と思います。

-資格関連

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.