『マンション管理』のことなどについて。筆者はフロントマンだよ。

マンション管理のはじめちゃん!

マンション雑記

マンションのインターネット回線方式の種類について

投稿日:

マンションを選ぶにあたって、『インターネット環境』がどうなっているか。

これ如何でマンションを選ぶような要因ではないと思いますが、知識としてはもっていおいて損はないんじゃないかな!
今回は、そんな、マンションのインターネット回線の方式(種類)のご紹介です。

NTTとかeo光とか、のご紹介ではなくて、全体に共通して言える、回線方式の種類の話です。
VDSL(ぶいでぃーえすえる)がどう、とか不動産屋さんが話をしていたら、このページの話です。

 

マンション(集合住宅)向けの、インターネット回線方式のご紹介

マンション、つまり集合住宅向けのインターネット回線としてよくあるのは4つです。

  1. 光配線方式
  2. VDSL方式
  3. LAN配線方式
  4. ケーブルテレビ配線方式

どれがいいの?という話は、契約金額のこともあるので何とも言えませんが、一番品質が宜しいのは光配線方式です。

ちなみに、戸建に提供されるタイプの契約は、マンションではできません。
戸建に供給される契約とは、『電柱から光ファイバーを直接宅内へ引き込む』というタイプの契約です。

マンションの2階に住んでいると、まれに営業マンが「できますよ!」と力強く言って下さることもありますが、電柱からベランダまで光ファイバーの線がデレーっと流れ、エアコンダクトから配線を入れる事になります。
これをマンション管理組合が許容するか、という話ですが、公平・不公平という観点はともかくとして、美観上の問題や、修繕工事の際に少なからず影響もありますので、好ましくはないです。

ここでは、マンション(集合住宅)向けの配線方式に限ってご紹介します。

 

光配線方式とは?

一言で表現するなら、『光ファイバーを宅内まで引いてきて直接つなぐタイプ』です。
イメージでは、『戸建の配線方式と同一のものである』、と認識してほぼ間違いではありません。

新築マンションはほぼこの方式ですね。

マンションへインターネット回線を供給するうえで、通信速度、品質共に最も安定した回線方式です。オススメ。
反面、『部屋の中まで光ファイバーを引き込まなければならない』ので、配管がない、詰まっている、などの理由で配線が通せなかったり、或いは、通せても希望の部屋まで持って行けなかったり、という事がありえます。

また、工事が必要なので、開通までに期間が必要です。
平気で1ヶ月とか待たされるそうです、早めに連絡しましょう。

 

私の地域では、NTT西日本が「ひかり配線方式」という名称でサービスを提供している以外、他社はこの方式でのネット回線の供給をしていません。
(例えば、eo光はこのタイプでの契約はできません。他の地域のことはわからないので、詳細はご自身でご確認ください)

 

auひかり、ソフトバンク光、なんちゃらかんちゃら。

その手の、いわゆる『コラボ事業者』はNTTの回線を使用していますから、NTTの光配線方式が導入されていれば、概ねコラボ事業者とは契約可能だと認識して良いと思います。

 

 

VDSL方式とは?

恐らく最も普及しているタイプ。

マンションの1階までは光ファイバーを引き込み、そこから先は電話用の配線を使用して通信をします。

そのため、光配線方式と比較して、回線品質がよろしくありません。
(電話用の配線の通信品質がよくないので)

メリットは、マンションの建築当時に敷設れた電話配線を使うので、新たな工事が無いこと。
(開通までにかかる期間が比較的早い)

デメリットは、回線品質が比較的悪いこと。

VDSL方式しか選べないマンションも多いので、品質が悪いからといって切り替えればいいのか、というとそうではありません。他の選択肢がないので。

このサービスを提供している代表的な会社は、

  • NTT
  • eo光
  • KDDI

など。

ちなみに、VDSL方式でインターネット設備を導入する場合、専用の設備をマンションの共用部分に設置する必要があります。

設備はそれほど大きくはありません。
1週間旅行するくらいのサイズの旅行カバン程度です。

もちろん邪魔にならないところにおいてくれますが、約15世帯の契約につき1台設置することになるので、大きなマンションは何台か並ぶことがあります。

この装置のメンテ費用は、すべて事業者が負担します。
また、装置を稼働させるための電気はマンションの電気を使用しますが、後から使った電気代は返してくれます。
マンションの組合会計には収入として計上されるケースが多いですが、実際は使った分を使っただけ払ってもらっているので、プラマイゼロ!だまされないで!

そういった兼ね合いから、マンションの共用電源が停電すると、設備が動かないので、インターネットも使えなくなります。
戸建の方には信じられないかもしれませんが、落雷の時なんかはとまってることがあると聞きます。

ちなみに、NTTはこの方式を今後はなくし、光配線方式へと順次切り替えを行っているとのこと。
一部、配線が通らない等の理由でVDSL方式が残るところはあるそうですが・・・。
今、お使いのマンションがVDSL方式しか入っていないようなら、交渉次第ではあなたのマンションにも光配線方式が開通するかもね!

気になるなら管理会社に聞いてみましょう。

 

 

LAN方式とは?

インターネット料金は、マンションでまとめてお支払い。
(マンションの管理費から支払い)

部屋の中では、LANケーブルをさせば無料ですぐに使えます!

そういうやつ。

1棟でまとめて契約するので、料金はさすがに安い。
1世帯あたり、月々1000円切るところもあります。

反面、マンションのみんなが使うので回線速度が遅い、回線を使わない人(※注)も負担しなければならない、などのデメリットもあります。

(※注)回線を使わない人=住んでいない、他社のサービスを契約している、など。

これは賛否両論ですが、『ネットで動画を見ない』、という使い方をするなら、凄まじく得だと思います。

 

 

 

ケーブルテレビ配線方式とは?

ケーブルテレビの配線を使用してインターネットを使用する方式。

マンションに敷設されているテレビ配線(同軸ケーブル)を使用してインターネットを提供します。
(もちろん、ケーブルテレビが配線されていないマンションでは契約ができません)

通信速度は、スペック上はVDSL方式とほぼ同等。ですが、思いのほかよろしくないという噂はききます。

地域のケーブルテレビ会社の力量によっても大きく変わるので、何とも言えません。

料金的には、ケーブルテレビとまとめて契約すれば割引がきいたりするので、その手の契約を検討されている方は検討の余地あり。

 

 

まとめ

どれがいいの?

と聞かれれば、迷わず光配線方式をお勧めします。

そのうえで、auひかりなり、なんなり、お好きな事業者と契約していただければ。

 

但し、あなたの環境によって一番適したプランは変わります。

スマホをもってるなら、そもそもネット回線いるの?テザリングすればいいんじゃないの、と思いますし。
ADSLという選択肢も、ないこともありません。

 

いずれにせよ、マンションのインターネット環境は、住んでから激変する事はあまりありません。

トレーダーの方など、インターネット環境が死活問題という生活形態の方は、マンション選びの際はその辺にも注意したほうがいいのかな、と思います。

 

336

336

-マンション雑記

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 AllRights Reserved.