消防関連

マンションの屋上消火補給水槽に「満水警報」が出た場合の一次対応

1月頃になって寒くなると、屋上の消火補給水槽で「満水警報」がでることがあります。

これ、マンション管理の「あるある」だと思うんです。

 

対応を知っていればよいのですが、知らない場合は結構困ったりするもの。

ってわけで情報共有です。

 

消火補給水槽で満水警報が出る理由

満水警報。

「水槽が満水になってますヨ」っていう警報ですね。

 

満水になった原因はいろいろ考えられますが、「寒くなった時に」満水警報がでるようなら。

屋上の補給水槽内の表面の水が凍り、ボールタップが引き下げられたが故に水が出っぱなしになっており、結果として満水警報が出ている。

って可能性があります。

 

図で表すとこんな感じです。

 

通常の状態

 

凍ってる時

伝わります?

 ※緑色の部分が、異常に増えた水です。

 

ボールタップの周りの水が凍っちゃって、ボールタップが巻き込まれて下がってくるんですよ。

で、ボールタップが下がるってことで、設備が水位の低下と勘違いして、水が出っぱなしになって満水になる、ってイメージです。

凍ってるのに下がるってイマイチ不思議なんですけどね・・・。

 

消火補給水槽で満水警報がでたときの対応

対応は、

 

  1. 氷を砕く
  2. 止水バルブをあけて水を減らす

という順序で解決できます。

あんまり大きな声では言えませんが、ほっときゃ溶けて戻るのでそんなに心配しなくても良いです。

 

とはいえ、基本、フロントがこれでいちいちでばったりはすることはないはずです。

警備会社が対応してくれることも多いですし。

 

配管が凍ってるケースも・・・

補給水槽の中の水が凍るくらいならかわいいものですが、冬は配管が凍って、「バルブが破裂!」というケースもちょいちょいあります。

この場合、満水警報は、出ないので注意です。

屋上から水がジョロジョロ流れ出して来たら、たぶんどっか破裂してます。

 

3年くらい前の寒波の際はすごかったですね。

凍ってバルブが爆発しまくりました。(3割くらいのマンションで凍って配管から水漏れがあったように思います)

マンション保険が使えると思うので、金額的な被害はなかったように思いますが・・・。

今年も爆弾低気圧とか言われてますし、あやしいのかなーという気も。

 

以上

これらは、一次対応です。

「よー分からんナ・・・」という場合は、あとで分かる人にみてもらっといてください。

警報さわった関係で、どこか設定変わってるかもしれないので。

 

あと、この説明でイマイチわからないようなら、根本的に必要な事前知識がどこか不足していると思います。そうなら触らないほうが無難かとは思います。

ABOUT ME
はじめちゃん!
はじめちゃん!
分譲マンションを管理する会社に勤めています。 資格:管理業務主任者/マンション管理士/宅地建物取引主任士/マンション維持修繕技術者/二級電気工事士/建築業計理士二級/二級建築士/1級船舶免許

POSTED COMMENT

  1. 器用人 より:

     仕事をしているときに防火管理者資格を取り、実務もしていましたので、消火系統に限らず、水道の凍結には悩まされました。 水道は防露で断熱がされているのが当たり前ですが、古い設備では屋外バルブ部分は断熱されていないことが多く、温暖地ですが凍結することもありました。 最近のマンションでは、防露や断熱がないマンションは少ないとは思いますが、まだまだ古いマンションでは大変だと思います。
     消火管用受水槽は、満水状態なら消火栓の使用には差支えはないので、水が勿体ないだけですが、減水の方が怖いですよ。 消火管にはエアーがかむと、最悪の場合は消火管が破裂し消火栓が使用できなくなります。 泥棒は入るですが、火事は出るか出すですから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。