給湯器

ガス給湯器の電源は切る?つけっぱなし?切るメリットと切らなくても良い理由

ガス給湯器の、リモコンって、電源を「切る派」と「切らない派」がいますよね。

皆さんはどうですか?

今日は、元ガス屋さんの目線から、給湯器のリモコンを切るか切らないかについての決着をつけます。

このページのおはなし

  • ガス給湯器の電源を切ると、ガス代の節約になるか?
  • ガス給湯器の電源を切ると、電気代の節約になるか?
  • ガス給湯器の電源を切るメリット・デメリット
  • 電源は、切るべきか、切らないべきか?

 

ちなみに給湯器のリモコンってこういうやつ↓

電源オン中

電源オフ中

ガス給湯器の電源を切ると、ガス代の節約に「なる」

結論から言えば、ガス代は安くなります

但し、それは、「電源を入れている間は、待機中に少しずつガスを燃焼させているから」という話ではありません

給湯器は、「使うときしかガスを燃やさない」機械

給湯器というやつは非常に優秀でして、使うときしかガスを燃やしません

どういうことかというと、給湯器には、「流量センサー」がついています。

このセンサーは、「流れる水の量を感知するセンサー」です。

一定の水が給湯器を流れたら(つまり蛇口をひねったら)、ガスを燃焼させる仕組みになっているので、電源のオンオフに一切関係なく、ガスの消費量は正味の使った量だけです。

(ですので、蛇口が少しだけ開いていてちょろちょろぽたぽたの場合も、電源がオンになっていたとしてもセンサーに引っかからず燃焼されないのでガス代もかかりません)

では、なぜ、スイッチをオフにするとガス代の節約になるのでしょう?

常時ONにしていると、「お湯が不要なタイミングでもガスを使ってしまう」からガス代が高くなる

待機ガス代的なものがかからないにもかかわらず、なぜ、電源をオフにするとガス代が安くなるのか?

それは、電源が常時オンになっていると、「お湯が不要なタイミングでもガスを消費してしまうから」です。

ちょっとだけ手を洗う時に、蛇口をひねる

でも、でてきた最初の水だけで手を洗う

だから、お湯は使ってない

ってこと、ありませんか??

こういう時に、電源をオンにしていると、給湯器はガスを使ってお湯を作っています。

 

問題は、ちょっとのお水しか使わないとき。

お湯が配管を通るうちにすぐ蛇口をしめるので、結果としてお湯は使っていません。

これって無駄ですよね?

これが、電源を切った方がガス代の節約になる、主な理由です。

もちろん、レバーをずっと水の方で使っているとこのようなことにはなりません。

使用者の心理に働きかける効果もある

常時電源をオフになっている状態で、お湯を使いたいときは、電源をオンにしないといけませんよね?

「わざわざ電源いれるくらいなら水でいいや」となる場合も多く、そうなればそもそものお湯の使用タイミングが減ります。

「電源をオフにしておくと、ガス代が安くなる」には、そういった心理的な効果もカウントされます。

そういう理由で、給湯器の電源をこまめに切ることで、多くのご家庭でガス代は安くなる可能性が高いです

給湯器の電源を切ることで、電気代は「ほんのちょっとだけ」安くなる

待機電力。(ガスではなくて、電気)

給湯器は、待機『ガス』は使っていませんが、待機『電力』は、ちょっとだけ、使います。

具体的には、1ワットくらい。

型式等によって消費ワット数は違います。

液晶のバックモニタがある製品だと、モニタを光らせるのにもう少し電気代を使っています

具体的に、どのくらい電気代が安くなっているのか?

1ワットって、それは1ヶ月でいくらなのか。

計算すると、

◆1ヶ月の電気使用料の算出

1W × 24時間 × 30日 = 30日で、720Wを消費

◆電気代の算出

720W × 0.027円(電気代の単価) =19.44円。

1ヶ月20円くらいっぽいです!

 

一応切ったほうがメリットがでる、というのは、このあたりです。

年間、数百円はお得です。

給湯器の電源を切るデメリットについて

特段に、(性能上の)デメリットは見当たりません。

 

巷で言われていることとしては、電源のオンオフを繰り返すと、「物理的にボタンを押すのでリモコンの故障確率は上がる」という説。

リモコンのボタンは1日数回押したから壊れるようなもんでもないですけど、とはいえ、確立の話で言えば、確かに壊れる確立はあがる。

ただ、確認はチョット難しいかな。

例え、オンオフを繰り返しているご家庭のリモコンが実際に壊れたとしても、「押したから壊れた」のか、あるいはその他の要因で壊れたのか、特定は難しいですし。

 

ちなみに、万が一、リモコンが故障した場合のリモコンを取り替える値段としては、リモコン本体の値段が1万円くらい、取替工賃が1.5万円くらい、合計で2.5万円くらい、かな。

作業店や場所にもよりますので一概には言えませんが。(お風呂の中のリモコンは取り替えの工程が多いので、もちっと作業賃が高いかもです)

給湯器の「オン・オフ」を繰り返す一番のデメリット

めんどくさいこと。

毎回毎回、オンオフ繰り返すってめんどくさくないですか?

その時間あったら、他の家事がすすみませんか?

いちいち給湯器を触るとリモコンも汚れますし・・・。

 

また、家族間で「電源切った?あ、また切ってない!ガミガミ」みたいな言い争いも不毛です。

もう思い切って(必要なコストだと思って)、電源は入れっぱなしにされることを、”個人的には”お勧めいたします。

結論的な話:一応電源をきればコストは安くなるけど、気にしないで良い

と、私は思いますよ。

わずかなメリットのために、人間があたふたする必要はないでしょ?

昔の給湯器には、「種火」システムが搭載されていましたので、電源ONのままだと、待機ガスを消費していました。

当時を知る方からすれば、「ガスの電源は落とさないとガス代もかかるし、何より危ない」という認識があるのですが、これは感覚として十分に理解できるものです。

もちろん、「種火」をつけている間は、ガス代がちょっとだけかかっています。

 

ここでは紹介していませんが、現時点で販売・製造されている機種でも「種火」があるものもありますので、そっちの場合は注意が必要です。

製品名だと、「ガスBF風呂釜」と呼ばれるものです。

昔に建築された公営住宅によく採用されていて、浴室の中に給湯器の本体があるタイプです。

電気のリモコンで制御しているタイプのものは、すべて、上記の種火システムは採用していないので、安心してもらって大丈夫ですよ。

【注意】電源オフの意味について

電源オフとは、リモコンでオンオフをすることを指しています。

オン!オフ!オン!オフ!※GIFが動きます

 

『絶対に』、給湯器本体の電源コード(コンセント)を、抜かないでください

 

なぜなら、給湯器には、寒くなると(5度以下になると)凍結による故障を予防するために動くことがあり、それには電気が必要だからです。

具体的には、電熱線による保温と、ガスを燃焼させて追い炊きを動かしたりするようにプログラムされています。

コンセントを抜くと、これらの凍結予防運転ができなくなるので、電源コードは抜いてはいけない、というわけです。

故障しちゃいますよ~!

ABOUT ME
はじめちゃん!
はじめちゃん!
分譲マンションを管理する会社に勤めています。 資格:管理業務主任者/マンション管理士/宅地建物取引主任士/マンション維持修繕技術者/二級電気工事士/建築業計理士二級/二級建築士/1級船舶免許

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    疑問が解決しました。
    ありがとうございました。

  2. お力になれて何よりです!

  3. ゆうたん より:

    非常に分かりやすい説明でした
    消し忘れていた時の「 普段 こんなに節約しているのに、また この消し忘れでどんなに損をしたか٠٠٠」 と毎回 自分を責めていましたが、 そんなに 損をしていないことに 気づかせていただき 安心いたしました

    ありがとうございました

  4. お力になれて何よりです!
    おっしゃる通りで、人間がやきもきするほうがよっぽどデメリットですね!

  5. のんのん より:

    ありがとうございます。気になっていたのですが、とてもわかりやすかったです。
    切った方がいいなのかなぁ?でもめんどくさいなぁ、と悩んでましたが、解決です!!

  6. >のんのんさん
    コメントありがとうございます~!
    我が家は入れっぱなしです、めんどくさいのでw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。