マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

給湯器

ガス給湯器の電源は切る?入れたまま?切るメリットと切らなくても良い理由

更新日:

ガス給湯器の、リモコンって、電源を「切る派」と「切らない派」がいますよね。

皆さんはどうですか?

今日は、元ガス屋さんの目線から、給湯器のリモコンを切るか切らないか論争についてお話しします。

 

給湯器のリモコンってこういうやつ↓

電源オン中

電源オフ中

 

給湯器の電源を切るメリットについて

給湯器の電源を切ることで「ガス代が変わるのか」問題

結論から言えば、給湯器の電源をこまめに切ることで、ガス代は安くなります

但し、それは、「電源を入れている間は、待機中に少しずつガスを燃焼させているから」という話ではありません

 

給湯器は、使うときしかガスを燃やさない

給湯器というやつは非常に優秀でして、使うときしかガスを燃やしません

どういうことかというと、給湯器には、「流量センサー」がついています。

このセンサーは、「流れる水の量を感知するセンサー」です。

一定の水が給湯器を流れたら(つまり蛇口をひねったら)、ガスを燃焼させる仕組みになっているので、電源のオンオフに一切関係なく、ガスの消費量は正味の使った量だけです。

(ですので、蛇口が少しだけ開いていてちょろちょろぽたぽたの場合も、電源がオンになっていたとしてもセンサーに引っかからず燃焼されないのでガス代もかかりません)

なぜ、小まめに電源を切るとガス代が節約できるのか

待機ガス代的なものがかからないにもかかわらず、電源をオフにするとなぜガス代が安くなるのか。

それは、電源が常時オンになっていると、「お湯が不要なタイミングでもガスを消費してしまうから」です。

ちょっとだけ手を洗う時に、蛇口をひねる

でも、でてきた最初の水だけで手を洗う

だから、お湯は使ってない

ってこと、ありませんか??

こういう時に、電源をオンにしていると、給湯器はガスを使ってお湯を作っています。

でも、配管を通るうちに、ユーザーは必要な量を使って蛇口をしめるので、結果として、お湯は使っていません。

これって無駄ですよね?

 

これが、電源を切った方がガス代の節約になる理由です。

もちろん、レバーをずっと水の方で使っていると、このようなことにはなりません。

 

また、常時電源をオフになっている状態で、お湯を使いたいときは、電源をオンにしないといけませんよね?

「わざわざ電源いれるくらいなら水でいいや」となる場合も多く、そうなればそもそものお湯の使用タイミングが減ります。

そういった心理的な効果もあります。

 

で、結論から言えば、給湯器の電源をこまめに切ることで、多くのご家庭でガス代は安くなります

(ちょっとだけですけどね)

 

給湯器の電源を切ることで、「電気代が安くなるのか」問題

待機電力。(ガスではなくて)

給湯器は待機『ガス』はつかってませんが、待機『電力』は、使います。

余談

30年か40年ほど前の給湯器には、「種火」システムが搭載されていましたので、電源ONのままだと本当に少しずつガスは消費されていました。

(スイッチをひねるとライターくらいのガスを燃やして、使うときにはガスを開いてお湯にする、というシステムです。リモコンなんてもんありませんから、当然、毎回いちいち給湯器本体で操作をしないといけませんでした)

当時を知る方からすれば、「ガスの電源は落とさないとガス代もかかるし、何より危ない」という認識があるのですが、これは感覚として十分に理解できるものです。

それと、ものによっては種火があるものもありますので、そっちの場合は注意です。切らないとガス代がちょっとだけかかっています(ガスBF風呂釜と呼ばれるものです)

 

本体での待機電力は、電源のオンオフに関わらず一定なのですが、問題はリモコンです。

リモコンも液晶画面なので、電源オンの間は、すこーしだけ、電気を使っています。

具体的には、1ワットくらい。

リモコンの液晶のバックライトがついている間はそれより少し多かったような気もします(確か5ワットくらいあった気がする)んですが・・・。

メーカーの取り扱い説明書からは読み取れませんでした。

 

では、1ワットってそれは1ヶ月でいくらなのか。

計算すると、

◆1ヶ月の電気使用料の算出

1W × 24時間 × 30日 = 30日で、720Wを消費

◆電気代の算出

720W × 0.027円(電気代の単価) =19.44円。

 

1ヶ月20円くらいっぽいです!

一応切ったほうがメリットがでました。

年間、240円くらいお得です。

 

給湯器の電源を切るデメリットについて

特段に(性能上の)デメリットは見当たりません。

 

巷で言われていることとしては、電源のオンオフを繰り返すと、物理的にボタンを押すのでリモコンの故障確率は上がるという説。

1日数回押したから壊れるようなもんでもないですけど、とはいえ、確立の話で言えば、確かに壊れる確立はあがる。

 

ただ、確認はチョット難しいかな。

例え、オンオフを繰り返しているご家庭のリモコンが壊れたとしても、押したから壊れたのかその他の要因で壊れたのか、原因はわかりませんし。

 

ちなみに、万が一、リモコンが故障した場合のリモコンを取り替える値段としては、本体台が1万円くらい、取替工賃が1.5万円くらい、合計で2.5万円くらい、かな。

作業店や場所にもよりますので一概には言えませんが。(お風呂の中のリモコンは取り替えの工程が多いので、もちっと作業賃が高いかもです)

 

「オン・オフ」を繰り返す一番のデメリット

めんどくさいこと。

毎回毎回、オンオフ繰り返すってめんどくさくないですか?

その時間あったら、他の家事がすすみませんか?

いちいち給湯器を触るとリモコンも汚れますし・・・。

また、家族間で「電源切った?あ、またお前切ってない!ガミガミ」みたいな言い争いも不毛ですから、もう思い切って(必要なコストだと思って)、電源は入れっぱなしにされることを、”個人的には”お勧めいたします。

 

結論的な話:一応電源をきればコストは安くなるけど、気にしないで良い

と、私は思います。

 

【注意】電源オフの意味について

電源オフとは、リモコンでオンオフをすることを指しています。

オン!オフ!オン!オフ!※GIFが動きます

 

『絶対に』、電源コード(コンセント)を抜いてはいけません

 

なぜなら、給湯器には、寒くなると(5度以下になると)凍結による故障を予防するために動いているからです。

凍結予防等は、具体的には、電熱線による保温と、ガスを燃焼させて追い炊きを動かしたりするようにプログラムされています。

コンセントを抜くと、これらの凍結予防運転ができなくなるので、電源コードは抜いてはいけません。

故障の元です。

 

電気の削減をしたいなら・・・

現在、電気はどこから購入なさっていますか?

もし、東京電力や関西電力等の、地域電力会社から購入なさっている様でしたら、他の会社から購入する事を検討してみてはいかがですか?

 

劇的に安くなるわけではありませんが、私の家は月に1000円程度安くなっています。

(ちなみに、「洸陽電気」という会社から購入しています。まあそれでも、何もせずに1年間で1万円程度支出を削減できているので、悪くないとは思っています)

 

この機会に、「どの程度安くなるのか」をシミレーションしてみてはどうですか?

以下のサイトで、比較することができます。

電気の質自体はどこの会社で購入しても同じですから、『家庭環境に一番あったプラン』を選ばないと損です。

「まあいいか」でほったらかしにしておくとずっとそのままになってしまうので、(私がそうでした、1年以上ほったらかしにしてました)この機会に是非、確認してみてください。

 

 

ガス給湯器の寿命についても調べました。以下のリンクが参考になるかもしれません。

ガス給湯器の寿命は?耐用年数は? マンションの給湯器を実際に調べたデータと結果

ワタクシ、今はマンション管理の仕事をしていますが、数年前まではガス機器の販売をお仕事としておりました。 その中で、ガス給 ...

続きを見る

-給湯器

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.