マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

設備関連

マンションの鉄部塗装をするときは、シールをはがして施工するとキレイに仕上がる

更新日:

マンションの鉄部塗装。

とはいえ、新しいマンションは、鉄部といってもそんなに多くの場所はないです。

 

PSと呼ばれる、パイプスペース、玄関枠、消防用のホース収納庫、鉄扉・・・くらい?

あんまりないよね。

ちなみに、パイプスペースは、パイプシャフトとも呼びます。

MB(メーターボックス)も、これと同じものと認識してよろしいです。

正確には違いますが、現場では全て同じものとして取り扱っています。

(言葉の定義について語り出すとメンドクサイので)

職人さんも、『人によって呼び方が違う』というだけで、特に区別していません。

一般的には、「ピーエス」と呼んでいて、それで通じます。

ので、以降、『PS』と呼称します。

 

今日は、このPSのお話しです。

 

PSに、いろんなシール貼ってませんか?

ガスとか水道とか電気とか。

↑こんなやつです。

 

このシール、職人さんに何も言わなければ、一般的に『シールを残して』塗装を仕上げます。

シールの周りだけ、器用に刷毛で塗ってくれるんですよね。

 

しかし、そうするとシールが残ります。

で、将来、残った古いシールが、経年と共に剝れかけてきます。

 

一部だけ剝れたシールが風に揺られて・・・。

せっかくキレイに塗ったのに、シールの部分の見た目がよろしくありません。

そういうわけで、工事をするときには、業者さんに『シールをはがして塗装するように』指示を出すと、キレイに仕上がります。

 

まずはシールをはがして。

 

下地処理をして。

 

仕上げ。

 

今回は、2回目の塗装です。

1回目の塗装の時に、シールをはがさずに塗装していたので、塗装跡が残っちゃいました。

とはいえ、この上から、新たなシールを貼ると特に目立たなくなります。

 

管轄の水道局や、ガス屋さん、電気屋さんに言えば、シールは新しく用意してくれます。(一応、事前に確認なさった方がよろしいかとは思います)

少し手間を掛ければ見栄えが良くなります。

 

-設備関連

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.