『マンション管理』のことなどについて。筆者はフロントマンだよ。

マンション管理のはじめちゃん!

設備関連

マンションに導入する電子ブレーカーとは? 簡単な仕組みとなぜ電気代が安くなるのかの解説

投稿日:2017年3月2日 更新日:

電子ブレーカー。

付けるだけで電気代が安くなる魔法の機械。

おお、うさんくせぇ!!

 

それぞれのブレーカーの特徴

というわけで少し細かい事をご紹介。

ちなみに、ブレーカーってなに? というと、使う電力をコントロール・制限する為の機械です。

例えば、エレベーターがぶっ壊れて異常にモーターが回っていたり、ショートしたりした場合に、電気が流れっぱなしだと危ないですよね?
そういう場合にブレーカーが作動して、事故を未然に防ぐように設計されています。

そういう意味では、一般的なブレーカーと電子ブレーカーは同じ役割のものです。

 

一般的なブレーカーの特徴

一般的なブレーカーの遮断方式は『バイメタル方式』を採用しています。
バイメタルが何かというと、Bi(バイ、意味:二つの)metal(メタル、意味:金属)という意味で、要するに二枚の金属が張り合わされた合金です。

金属は熱くなると伸びますよね?

バイメタルは、あえて伸びる割合の違う二枚の金属が張り合わされています。
伸びる割合が違うとすると、伸びない方の金属の方に曲がっていくってことはなんとなく想像つきませんか?

そういう特性を利用して電気を遮断する方式を『バイメタル方式』と言いまして、一般的な電子ブレーカーはこれを採用しています。
デジタルに電流を計測しているわけではありません。

 

電子ブレーカーの特徴

対して、電子ブレーカーはデジタルに電流を計測し、プログラムによって遮断します。

一般的なブレーカーの場合は、季節や気温などの周辺環境によって遮断時間に誤差があるのに対し、電子ブレーカーはきっちりと動作させることができます。

おニュー感がでてますね。

 

 

電子ブレーカーを設置するとなぜ電気代が安くなるのか

前述のように、電子ブレーカーはブレーカーです。
分類としては遮断器です。

これをつけたからといって電力消費量が落ちるとか、そういう話ではありません。
もちろん節電効果もありません。

環境によろしいかというと全く何の効果もありません。

 

電子ブレーカーを導入する事のメリットは、電力会社との契約を『負荷設備契約』から『主開閉器契約』に変更できる、という点です。
その過程で月額基本料金を下げるのです。

何故下げられるのか、というと、通常のブレーカーが設置されてる状態では『全ての機器が100%のパワーで動き続けた』と仮定して契約します。

なぜなら、通常のブレーカーは『電流を測定できない』からです。

対して、電子ブレーカーは電流を測定できるので、『お好きに契約』ができます。

1000ポイントのパワーをもった設備が設置されていたとしても、実際は100ポイントしか使ってなかったとしたら、100で契約をすることができるのです。

その分の基本料金が下がるよ、ってこと。

 

基本料金がさがったところで大したことないデショ、って思います?

40戸程度のマンションの電気契約の内訳を例に出しますと、月額基本料金が16,000円程度に対し、電気使用料は7,000円程度です。

なんと、基本料金の方がたかいのです。

 

支払電気料金の7割程度にも及ぶ月額基本料が、条件にもよりますが電子ブレーカーを導入する事で約半額程度に下がります。

そんなわけで、月々7000円程度安くなり、結果として導入コストはわずか数年で回収でき、お得ですね!

 

それが電子ブレーカー。

 

 

 

電子ブレーカーのデメリットは?

機械ものなので故障もありえますが、今のところ大きなトラブルがあったという話は、寡聞にして聞いたことがありません。

電子ブレーカーは、デジタルに電流を計測すると言いました。そのぶん正確です。

業者による調査・選定が甘いと、想定以上に電気を使い、結果、ブレーカーが落ちる、というケースはあるかもしれません。
その場合、多くは水とエレベーターが止まります。

これは回避しようがないのですが、そんな愚かな業者に発注をしなければいいだけの話です。
複数社による相見積、現地調査を行い、条件が各社でかけ離れていないかの確認を行いましょう。

 

そんなわけでデメリットというデメリットは特に思いつきませんが、あるとすれば、将来、マンションの設備状況が変わる場合だけは注意、というところです。

マンションでは考えにくいですが、エレベーターをもう1基追加する予定がある、だとか、エアコンを追加する予定がある、等の場合は、設備状況が変わり、電子ブレーカーを入れ替えなければならない可能性もあります。

後々のトラブル(言った言わない、無駄か無駄じゃないか、という不毛な議論)回避のため、将来、設備を追加する可能性があるのか否かは、マンション内でしっかりと話し合っておくべきです。

336

336

-設備関連

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 AllRights Reserved.