マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

フロントマンに向けた記事

【理事会運営のテクニック】マンション議事録の署名人は、「声の大きい人」にやってもらおう

更新日:

議事録の署名人は、通常、理事会メンバーがするケースがほとんどです。

そのほうが手間が省け、効率的だからです。

 

しかし、「総会での議論が紛糾した」場合は、『組合運営のテクニック』の一つとして、理事会メンバー以外の「声の大きい人」にお願いし、署名をしてもらったほうが良いことがあります。

「声の大きい人」とは、文字通りの「大声なので声が良く聞こえる人」ではなくて、「組合の中での発言力が強い方」のことです。

 

「組合の中での発言力が強い方」とは、まぁ様々なパターンがあるのですが(それがポジティブな理由であれ、ネガティブな理由であれ)、その方に署名をいただくことは、

  • その人にあとから文句を言わせない
  • 他の方を納得させる

この2つの効果を期待しています。

 

後から文句を言わせない

総会で良く発言する方にも、様々なパターンがあります。

  • 組合のことを思って、諫言として発言する方
  • 積極的に組合運営に参加する、という趣旨で発言する方
  • 内容に納得がいかないから発言する方
  • 理事長が(或いは管理会社が)気に入らないので反対する方
  • とにかく自分の意見を通したいだけの方
  • 資料を読んでもいまひとつ内容がわからないので、理解したくて発言している方 ※悪気が無いだけにやっかいですよ、この手合い

などなど。

 

ネガティブな理由で発言する方は、「あの時こうだったはずだ」「前回の総会の話は違っていた」「私は聞いていない」と、とにかく総会を引っ掻き回します。

「言った」「言わない」の水掛け論に巻き込まれると、みんなの時間だけが無駄に過ぎていき、これでは総会に参加したくなくなります。

 

「議事録に署名頂きましたよ。詳しい事は総会の後で話し合いましょう」

この一言は、絶大に効きます。

 

他の方を納得させる

「組合の中での発言力が強い方」の署名がある。

総会には欠席していた方も、署名を見ると、その人が内容を認めていると客観的に判断し認識します。

 

「だったら、まあこれでいいのかな」

 

言外のプレッシャーにより、総会には行けなかった方にも結果として納得していただきやすくなります。

印籠のようなもんですね。

 

以上

毎回毎回、理事会メンバー以外に署名をもらうということまで必要ないと思います。

粛々と議論が進み、適切に採決が取られたのだとすれば、理事会のメンバーが責任をもって署名捺印すればよいからです。

(それが、総会を開催した理事会の責任でもあります)

 

他にも、「決議事項の利害関係者が理事会メンバーであるとき」は、あらぬ疑いを避けるためにも、理事会メンバー以外の方にご署名頂くこともありますね。

マンションにもいろんな方がいらっしゃいます。

場面場面で効果的な行動を心がけたいものです。

-フロントマンに向けた記事

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.