セブンネットショッピング
20%(最大6000円)還元キャンペーン実施中
11月30日まで
管理業務主任者

【通信講座レビュー】TAC おすすめポイント紹介【管理業務主任者/マンション管理士試験】

管理業務主任者とマンション管理士試験の「通信講座」から、

「TAC

についての紹介です。

このページでは、主に、「料金面、サポート面、サービス面」についての客観的なデータを抽出し、更に、私の主観での解説、おすすめポイントを書いています。

通信講座サービスを提供している4社の比較ページについては↓をご覧ください

 → 管理業務主任者/マンション管理士試験 通信講座の4社比較ページ

管理業務主任者とマンション管理士の同時受験について

このページでは、管理業務主任者コースとマンション管理士コースを両方とも紹介していますが、「両方同時に受験しなければいけない」ものではありません。ご自身の事情に応じて必要なコースを選択してください。

が、両方の試験は「出題範囲がかなり重複している」という背景から、同時受験が十分に視野にはいります。また、同時に受験すると、特に資格学校への支払いには金額的なメリットがあります。(扱う教材も似ていることから、同時受験をすると大幅な割引制度があります)

ですので、ここでは、両方の試験をまとめて紹介しています。
「どちらか一方しか受験しない」という場合でも理解できるように書いていますので、その点はご安心ください。

提供会社(TAC株式会社 )の主な情報

社名 TAC株式会社
本社所在地 101-0061
東京都千代田区三崎町三丁目2番18号
設立 1980年12月
資本金 940,200,000円(2017年3月末現在)
社員数 630名(2017年3月末・連結)
542名(2017年3月末・単体)

公式サイト 企業詳細ページ

TAC コースの紹介

「1から勉強する」なら、以下の3つが主なコースです。

  • W合格本科生・マンション管理士本科生・管理業務主任者本科生
    マンション管理士・管理業務を1から勉強する方向け。
  • W合格本科生S・マンション管理士S ・管理業務主任者本科生S
    上記コースに、「過去問攻略講義」が追加されたコース。
  • 管理業務主任者速修本科生
    管理業務主任者に特化したコース。

他には、↓のようなコースがあります。

  • スタートアップ講義
    初めて学習される方に向けた講義。
    試験問題の解説、というより、試験そのものの説明。
  • 管理業務主任者 宅建士受験生用スパートパック
    10月に宅建合格 →12月に管理業務主任者を目指す方向けのコース。
  • マンション管理士ステップアップ講義
    管理業務主任者合格後、マンション管理士を受講する方向けのコース。
  • マンション管理士答練パック・管理業務主任者答練パック
    答練(模擬試験)と、公開模試を受けることができるパック。

TAC 料金面の紹介

W合格本科生・マンション管理士本科生・管理業務主任者本科生

コース名 タイプ ノーマル金額 S金額
W合格本科生 WEB 112,000 128,000
DVD 117,000 134,000
マンション管理士本科生 WEB 103,000 112,000
DVD 108,000 117,000
管理業務主任者本科生 WEB 99,000 107,000
DVD 104,000 112,000

※0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%)が必要です。

コース内容

◆ノーマル

◆S付きコース

管理業務主任者速修本科生コース

管理業務主任者の促成栽培コースで、前項の「本科生」コースよりも講義をコンパクトにまとめています。
講義では難問・奇問に深入りせず、基本論点の確実な定着に主眼を置いていて、週2回のペースで無理なく無駄のない受講が可能です。
講義はさらっとこなして、問題を解くことに主眼を起きたい方向け。

コース名 タイプ 金額
管理業務主任者速修本科生 WEB 68,000
DVD 71,000

※0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%)が必要です。

コース内容

質問サポートについて

もちろんあります。
TACは教室運営も行っている学校です。回答のクオリティには、大いに期待できます。

詳細ページ

TACの特徴

TACは資格学校の大手であり、東証1部上場企業でもあります。
通信講座だけでなく、実際に通学できる学校を運営しており、また、教材(テキスト)を市販している会社でもあります。

私個人としては、過去の経験から、TACの教材はわかりやすく気に入っています。
他社と比較し、解説が丁寧で親切で、理解がしやすいからです。

サービス内容

通信講座の内容については、DVD、WEBでのサービス提供、質問サービスの提供など、オーソドックスな内容です。
価格面では比較的高めではありますが、その分、運営には信頼がおけます。

TACの強み

なんといってもオリジナルの模擬試験(非売品)の存在です。
やはり、独学では問題集の数に限界があります。
市販されている問題集が限られているからです。

更に、「全国公開模試」もありますから、受験生の中での自分のレベルが分かり、合格見込みか否かが受験前に判明します。
これって大きいですよ。ラストスパートにどれだけ力を入れるべきか、が、現実にわかるので、すごく助かります。

はじめちゃん
はじめちゃん
 私も、二級建築士試験を受けたときは資格学校に通いました。
偏差値付きでランキング表示されていたので、自分の順位が理解できてよかったですよ!

豊富な模擬試験

マンション管理士の場合は、公開模擬試験1回、模擬試験3回の、合計4回。
管理業務主任者の場合は、公開模擬試験1回、模擬試験2回の、合計3回。

更に過去問題集があります。
しっかり全部こなせば、合格できるだけの分量かなー、という気はします。
(できれば、プラスして市販品の模擬試験も購入してください。合格率が上がります)

テキストが市販されていることのメリット

当サイトでは、申し込み前にサンプルを取り寄せることを推奨しています。
それは、テキストにも相性があるからです。

テキストが市販されているので、本屋さんでパラパラと立ち読みしてみると、「合うか合わないか」が、申し込み前に予想が付きます。安心感がありますね。

少テスト多め

単元ごとに小テストがあります。
資格試験の勉強では、「問題を解いた数」はダイレクトに点数に反映されます。
勉強しっぱなしで終わらず、小テストで復習ができるのは良いと感じました。

教育ローン

地味に独自の教育ローンを設定しています。カードローンより少し安いです。

教育ローン詳細ページ

TAC 総評・レビュー

内容は申し分ありません。
価格面では、やはり「うっ」となるものもありますが、量を見るとこんなもんかな、感はあります。
大手の安心感がありますね。

まずは無料サンプルを取り寄せてください。
テキストと講師、この2つは相性がありますから。

公式サイト無料サンプル取り寄せページ

関連ページ

管理業務主任者/マンション管理士試験の、通信講座サービスを提供している4社の比較ページについては↓をご覧ください

管理業務主任者/マンション管理士試験 通信講座の4社比較ページ

ABOUT ME
はじめちゃん!
はじめちゃん!
分譲マンションを管理する会社に勤めています。 資格:管理業務主任者/マンション管理士/宅地建物取引主任士/マンション維持修繕技術者/二級電気工事士/建築業計理士二級/二級建築士/1級船舶免許

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA