『マンション管理』のことなどについて。筆者はフロントマンだよ。

マンション管理のはじめちゃん!

マンション雑記

電気の購入先を、新電力会社へ切り替える事の検討

投稿日:2016年12月5日 更新日:

電気代を安くする方法はいくつかあります。

今回はその一つ、新電力会社(PPS事業者)へ切り替える事の検討についてです。

 

新電力会社への切り替えについて

最近は、電力の自由化の流れで、マンションでも地域電力会社以外の、いわゆる『新電力会社』から電気を購入する事が流行っています。

 

 ※地域電力会社とは?

  東京電力や関西電力などの、前々からあった電気会社のことです。

 

この方式、デメリット面で大きく目に付くところはありません。

嫌なら戻せばいいだけの話ですから。

(契約期間によっては違約金がかかるところもありますから、その点だけは要注意)

 

電気の質も、地域電力会社と全く同じです。

何故かというと、ちょっと説明がめんどくさいので正直ググって頂きたいのですが、一言でまとめると電気の送電は今まで通り地域電力会社が担当しますので、電気の品質や信頼性はかわらないのです。

新電力会社との契約で停電したならば、地域電力会社との契約でも停電します。

 

電柱とか電線とかは今まで通り東京電力や関西電力などの大手が面倒みる、ってことですね。

これで、電気代が5%~10%くらい安くなるでしょう。

年間にして、40戸程度のマンションなら、5万円前後の削減になると思います。

1世帯に割ると年間1000円程度、月にすると100円にもなりませんが、デメリットなく削減できるならいいと思いませんか?

 

ちなみに、最も大きなデメリットは、紙の領収証が届かない’、或いは届けてもらうのに別料金が要る、という事です。

管理会社の手間が増えるのであまり喜ばれません。

(電気代の報告がメールできますので、管理会社は報告書を作るのにわざわざインターネットからダウンロードしなければなりません)

 

 

これを、黙っていても提案してくれる管理会社は良い管理会社でしょう。

彼らはこれでは儲からないですから。

 

336

336

-マンション雑記

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 AllRights Reserved.