『マンション管理』のことなどについて。筆者はフロントマンだよ。

マンション管理のはじめちゃん!

マンション雑記

タキロンの長尺シート「バルコニー専用シート」の水たまりが解決できなくて使いたくない

投稿日:2017年3月20日 更新日:

マンション共用廊下の床には、「長尺シート」と呼ばれるシートがはってあります。

100%全てのマンションにはっている、というわけではないのですが、見た目や価格、耐久性、防滑防音などの性能面も考慮して、新築マンションでは、車を買ったらカーナビがついているレベルでよく採用されています。

 

この長尺シートをつくっている会社にはいくつかのメーカーがありまして、その中に「タキロン」という名前の会社さんがあります。

大手です。

 

このタキロン社より、「マンションのベランダ専用長尺シート」という製品が発売されておりまして、それが

「タキストロンLB」という名称の製品です。

 

価格は一般の長尺シートよりちょっと高いのですが、「ベランダ専用」という響きと、あとメーカー担当者のおすすめですよ感に惹かれて、近年、マンションの改修工事で採用されることが多くなってきました。

設計の建築士もよくおすすめしています。

「ちょっと高いのですが、資金に余裕があるならおすすめですよ」

と。

 

さて、このベランダ専用長尺シートなのですが、現場を重ねるにつれ、ちょっと採用は見送ったほうがいいんじゃないか、という結論に達しつつあります。

自分の中の整理も含めて、ポイントのご紹介。

 

ベランダ専用シートがダメな理由

何がダメって、まず薄い。

長尺シートは、一般的には2.5ミリくらいなのですが、このシートは2ミリ。

更にエンボスト呼ばれるデコボゴがすごく小さい。

シートが薄いので、下地のデコボコがシートの表面に出てきやすいです。

がんばれ日本の職人さん。

 

新築なら別なのですが、改修工事の場合、既設のシートをはがして新しいシートを貼り付ける様な工事をします。

どうしても、既存のシートをはがしたときの接着剤が下地に残ったり、割れ目の補修を行ったりと、改修工事では多少のデコボコがでてしまいやすいです。

そうなると、光の加減で、「なんかうねってない?」感がでてしまいやすいです。

 

もう一つ、というかこれが使いたくない最大の要因なのですが、水がたまりやすい。

施工上、側溝と呼ばれるミゾにはシートを張ることができません。

シートを張れないので、防水剤を塗ることになります。

順序としては、

  1. 防水塗料を塗る(ウレタン塗膜防水というやつ)
  2. その上に長尺シートをかぶせる

という手順で施工します。

そのため、必然として、防水塗料と長尺シートの重なる部分がでてきます。

この重なる部分が曲者。

防水塗料も結構分厚くて、約2ミリ程度はあります。

2ミリ+2ミリで約4ミリ。

重なったころが盛り上がってしまって、そこで水がせきとめられ、結果、雨が降ると水がたまってしまう、という現象が。

 

通常のシートを使った場合でも、同じく重なるので盛り上がっている点は同じだとは思うのですが・・・。

なぜか、このベランダ専用シートを施工し始めてから、やたらと水たまりの指摘を受けるようになりました。

ううむ・・・。

とにかく、これが厄介。

施工技術で解決できないからです。

だって重なったら膨れるんだもん!

 

水たまりを「仕様です」とお答えするしかなく、顧客側、施工者側もいやーな空気になりながら、そして顧客はそれを受け入れなければなりません。

「工事する前には水たまりはなかったのに!!」

どうにかしたい気持ちはあるのですが、どうしようもない。

工事業者としても、設計者としてもつらいところです。

 

 

対策

ベランダ専用とありますが、このシートはあんまりお勧めできる点がない、というかデメリットが目立つ、ということで、他の製品の採用をお勧めしています。

要するに対策は「採用しない」、というミもフタもない話です。

 

ちなみに、おすすめは、最近でたタキストロンRAという製品。

柄がおしゃれで、そして使いやすいです。

また、階段用シートにもこれと共通柄のシートがありますから、継ぎ目がわかりにくい。

共用廊下にもおすすめです。

ていうか、タキストロンRAだけで廊下、階段も施工できますから、もうほかのいらないカナ、と思っています。

価格もそう高くありません。

いろいろあると、選ぶ側からもわかりにくいですし。

 

 

タキストロンLB 商品の特徴

ダメなポイントだけじゃなくていいところも。

1.通常のシートと比較してデコボコしていないので、掃除がしやすい。

マンションのベランダの掃除。ほんと大変です。

共用の廊下は、定期的に業者を手配して機械洗浄をしてくれますが、ベランダは自分でしないといけません。

水をまいたらお隣さんのベランダへ汚い水が浸入しちゃいますし、なによりベランダに水栓がないと、水を運ぶだけでめちゃしんどい。

 

ベランダ専用と銘打っているだけあって、その辺はかなり良くなっていて、デコボコがないのですごく掃除がしやすいと評判です。

 

2.耐薬品性が高い

ベランダ。

管理規約ではガーデニングはそもそも禁止されているところも珍しくないですが、ベランダといえばガーデニングですよね!

化学肥料やらなんやら。

シートもかなり汚れます。

このシート、何やら特殊なシートだそうで、化学薬品に強いんだそうです。

ただ、どう強いのかは実体験としてよく知らないので何とも言えません。

ていうかそもそも、ベランダでガーデニングをすると、管理規約もそうですが、虫とか葉っぱとか、いろいろとご近所トラブルの種でもあるのであまりおすすめはしません。

まあとにかく、耐薬品性にすぐれているとのこと。

 

見た目がきれい!

このシートで施工されたベランダは、本当に美しいです。

デザイン性に優れた製品であることは認めるところです。

 

・・・水さえたまらなければ。

どなたか解決案知ってれば教えてくれませんかー。

336

336

-マンション雑記

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 AllRights Reserved.