『マンション管理』のことなどについて。筆者はフロントマンだよ。

マンション管理のはじめちゃん!

マンション雑記

マンション保険は、使っても保険料が上がらない保険です

投稿日:2017年6月21日 更新日:

マンションの火災保険。

世の中の分譲マンションのほとんどが加入しています。

 

共用部分、ということもあり、あまり個人にとってかかわりのあるようなものでもありませんが・・・。

とはいえ、あるものは有意義につかいましょう。

今日は、マンションの共用部にかける保険は、「はなんぼでも使って大丈夫だよ」、ってお話です。

【参考】

共用部とは、例えばエレベーターや廊下のこと。

共用部分にかける保険なので、部屋の中のことは関係しません。部屋の中は、個人で保険に加入するようになっています。

 

 

マンションの火災保険は、使っても保険料に変化はない

一定の条件下(※1)では、保険を使うと料金があがるので、「絶対上がらない」というわけではないのですけれど、それでも、基本的には、マンション保険を使用することで、次回の契約料金があがったりすることはありません

(※1 無事故割引を使う場合)

 

世の中の大多数の肩にとって最も身近な保険である、自動車保険の場合だと、等級があって、それによって次回更新時の契約金がかわったりしますよね。

マンションの保険は、過去に保険金を使ったか、使っていないか、では金額を判断しません。

 

築年数、規模、特約の有無、などなど。

マンションのデータや内容に基づいて保険料金は計算されています。

過去の事故履歴では保険料は変わりません。

ですので、事故があった場合は、ご心配なく、管理会社や保険会社へ連絡すればよいです。

 

無事故割引とは?

事故が無い場合に、1割~2割程度の保険金が割り引かれるシステムです。

平成28年頃から、そういった契約ができるようになりました。

(ただし、その契約形態を採用しているかどうかは保険会社によりけりでス。やってないところもあります)

 

そして、適用されるか否かの計算は、保険の契約スタートの半年前からさかのぼって1年間、事故が無い場合に無事故割引が適用となります。

他社からの乗り換えにも適用可能で、「適用するか否か(事故があったか否か)は、自己申告」だそうです。

(保険会社に聞きましたら、特に事故履歴を調べることもないそうです。・・・だからってウソついちゃだめですよ)

 

半年前からさかのぼって1年間無事故の場合に適用される、なので、例えば保険更新の直前に事故があったとしても、無事故割引が適用となることになります。

なんで半年なの??

と保険屋さんに聞いたところ、半年前となると更新の検討をしてるので、そこで金額変わっても困るでしょ、との回答。

ああ、まあ、言われてみれば確かに。

 

じゃあ、保険の更新前は保険を使わないほうがいいの?

という話なんですが。

いや、これって結構判断むつかしいんですよ。

該当する1年間の間に発生する事故が、その1回だけかどうかなんてわかんないんですよ。

2回事故があるかもしれない。

そんなわけで、本当に期間ギリギリなら悩むかもしれませんが、通常は気にせず請求するのかなあ、と思います。(というかそうしています)

 

マンション保険の今後

マンションは、古くなるほど給排水管関連の「漏水事故」が爆発的に増加します。

「水濡れ調査費用」なんて、そのうちなくなんじゃないかと思います。

(AIG富士火災は特約を廃止していますね)

 

保険料の申請も増え始めるのは20年前後のマンションからです。

そのような背景もあって、保険料は築年数があがればあがるほど、ガンガン上がっていくのです。

数パーセントどころではなく、結構笑えないくらいあがっていきます。

でも、手入れの良いマンションもそんなに手入れをしていないところも、古いというだけで十把一からげに同じだけ高い保険料支払うって、どう考えても不公平ですよね。

 

そんなわけで、ここ最近は、保険会社も、優良なマンションには保険料を安くしよう、というかたちで新たな商品を開発しています。

日新火災(https://www.nisshinfire.co.jp/mansion_dr_kasai/)なんかは顕著ですね。

今後、各社ともそういった、「事情に合わせた保険商品」はどんどん開発されていくように思います。

 

336

336

-マンション雑記

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 AllRights Reserved.