マンション管理のはじめちゃん!

『マンション管理』のこととか。筆者はフロントマンだよ。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へのお知らせ」

以下のリンクで、当サイトの記事を読むうえでの簡単な注意事項を書いています。

お時間ありましたらお読みくださいますと、少しだけ理解が深まるかもしれません。

「はじめて当サイトへお越しいただいた皆様へ」

はじめさんが質問に答えるコーナー

マンション管理士と管理業務主任者のダブル受験をするべきか否か

投稿日:

私の人生にとっての試験フェーズは20代であり、それがようやく、2017年の9月に終わりました。

(10代に勉強していれば、とも思いますが、それでも勉強して大企業に就職してたら、たぶん、今のような考え方はしていなかったと思うので、これはこれで気に入っています)

 

何にせよ、試験にこだわることなく、勉強はすべきです。

どんな形であれ、何についてであれ、いつだって。

そしてそれは、家族のためではなく、世間体のためでもなく、いい大学入るためでもなく、自分のために。

 

さて、はじめさんが質問に答えるコーナーです。

今回は、マンション管理士と管理業務主任者のダブル受験をするか否か、というご質問です。

 ※質問や回答については、一部を加筆・修正して記載しています。

 

管理業務主任者と、マンション管理士を両方受けた場合の勉強方法は?

質問内容

マンション管理士と管理業務主任者の資格をとりたいと考えている。

あきらめずに2つの資格を受けた場合どのルーチンで繰り返し勉強するか?

 

はじめさんの返答

私なら、「管理業務主任者の勉強」と、「マンション管理士の勉強」をする期間は、明確に分けます。

出題範囲はほぼ同じですが、作成元も違いますし、文字にはしがたい「感覚の違い」みたいなものがあるはずです。

まぜこぜにしてしまえば、その感覚をつかむ期間がとれなくなってしまいます。

ですから、管理業務主任者がある程度仕上がった段階で、マンション管理士に移行すれば、両者の違いに「ピンとくる」可能性が高くなり、そしてそれによって理解力が高まり、得点もあがります。

 

「管理業務主任者の試験は、ほぼ理解できた」、という状態まで仕上げてから、マンション管理士の勉強へ移ってはどうでしょうか??

 

管理業務主任者とマンション管理士、どちらか一つに絞って勉強した方が良いか?

質問内容

管理業務主任者一つに合格を絞り勉強するべきか?

 

はじめさんの返答

ウーン。

個人的な考え方で言えば、両方受けて、両方受かってほしいです。

そのほうが、質問者さんの人生においてメリットが大きいと思うからです。

 

試験に合格すること自体は、ただの実績、事実であって、それによって人生に劇的な変化が起こる様なものではないと思うんですよね。(きっかけにはなると思いますが)

2年も同じような勉強に費やすよりも、1年でまとめてやってしまって、もう1年は別の事に努力を使った方が、1年分をショートカットできると思いません?

 

ただ、デメリットもありまして。

マンション管理士と、管理業務主任者の立場の違いです。

この、「立場の違い」を前提とした問題の作り方が、ニュアンスとして問題に表れるものがあるとは思います。

 

具体的には、マンション管理士試験に出題される、「マンション管理士の助言として適切なものは」という問題です。

「管理業務主任者の助言として適切なものは」と読み替えても、あまり違和感のない問題ばかりですが、全てがそうかというと、そうではないだろう、とは想像できます。

 

そのような微妙なニュアンスの違いから、間違った回答をしてしまい、そして問題が解けなくなってしまうことはあるかもしれません。

(特に、独学の場合は、「知ってさえいれば簡単」な問題でも、一度つまずくとどれだけ考えても答えが出ない可能性が高くなります)

そういうリスクを回避するなら、1年ごとでわけることは、手段としてはありかな、とは思いますが・・・。

 

まずは、管理業務主任者にフォーカスして勉強してはどうですか?

順調にすすめば、半年もあれば管理業務主任者の勉強はおわるんじゃないかな、と思います。

余裕がありそうなら、管理業務主任者、マンション管理士の違いの理解を深める、という目的で、マンション管理士の試験に手を伸ばしてみてはどうでしょう?

 

両方落ちてしまうと、相当落ち込むと思います。(そんな同僚を何度も見ております・・・)

安易に、「両方受けたほうがいいよ!」とは言えませんが、「両方余裕で受かるくらいがんばってみてはどうですか!」とは、言わせて頂きます!

 

以上です

ちなみに、フロントの多くは、管理業務主任者とマンション管理士の受験は分けて受験してると思います。

これは、単に、「管理業務主任者が仕事で絶対必要であるから」であって、「0.1%でも落ちる可能性が増えるようなことは絶対にしたくないから」です。

管理業務主任者の資格証がないと仕事できませんからね。

崖っぷち感が違います。

 

人間の心理として、両方受験はできないんですよ。

マイナスを避ける、というか。

2兎を追う者は、というやつですね。

気持ちはわかりますし、かくいう私も二つはわけて受験しましたが、いまとなっては「もったいなかったなあ」と思います。

2兎が並んで走ってんだから、両方追っかけて、2兎とも捕まえりゃいいんですよ!十分射程圏内。

 

人生の選択に絶対の正解はないと思いますので、最終的には自分自身の決断が全てです。

特に、試験勉強の進め方については、正解かどうかというより、合うか合わないかという側面もあるように思います。

何にせよ、この手の資格試験は、7割~8割程度が過去問から出題される形式のテストです。

「やればやるだけ合格に近づく」という明確な根拠はそれです。

絶対にやったとこから出題されるんですよ。

「2ヶ月で合格した」とか、そういう人たちの話には耳を貸さず、ご自身のペースで確実に合格してください!

-はじめさんが質問に答えるコーナー

Copyright© マンション管理のはじめちゃん! , 2017 All Rights Reserved.