マンション雑記

マンションのフロントマンは、マンションのために働いているか?

答えはYESでもあり、NOでもあります。

この話、行きすぎると、「仕事とは・人生とは」みたいな話にしかならないので、コラム的に捉えてください。

言うまでもないことですが、ここに書いたことは私見であり、世のフロントを代表して述べている言葉ではなく、事実でない可能性すらあります。

 

YESの理由

フロントという業務は、(当然のことながら)担当マンション、ひいてはその住人のために行うものです。

僕たちは、会社のために議事録を作ったりしていません。

しかし、それは、「契約上の義務を履行している」という、ごくごく低いレベルの話です。

そういう視点では、もちろんYESです。

胸を張って、僕たちはマンションのために仕事をしています。

 

では、少し思考を進めてみましょう。

 

NOの理由

契約上の義務の履行。

まあ仕事ってそういうもんなんですけど、ここは、もうちっと、『気持ちの部分』で考えましょう。

 

義務感だけで行動する場合、個人が高いパフォーマンスを発揮することは(ごく一部の変態を除いて)ありません。

モチベーションの低い人間が、一定以上のパフォーマンスを発揮する事はないですよね。

 

(どんな仕事でも同じなのですが)「あなたはその仕事を誰のためにしているのか」という問いかけと、「フロントが誰のために働いているのか」という答えは、この部分では同義でしょう。

単純に、これがNOの理由です。

 

例えば、経営者といったクラスの人間となるとまた別の視座もでてくるのでしょうが、フロントは100%労働者です。

フロントは、マンションという存在を主観で捉えていません。

事実だけを述べますと、何かの判断ミスでマンションがぶっ潰れても、フロントに被害はほとんどないのです。

当然、フロントにそのような権限はなく、故にフロントの判断ひとつでそんな大事件は起こりません。

しかし、世の中で発生している管理会社に対する不満や、マンションのスラム化の問題の根本は、少なからずそのあたりにもあるとは思っています。

能力の低い管理会社とフロントがマンションを受け持つことによって発生するのは、緩やかな破滅です。

 

現場の空気感は?

さて、それでは。

現実に、「現場の人間はどう考えているか」、という話です。

言い換えると、マンションのフロントマンは、どういったモチベーションで働いているのか、という話ですね。

 

これは、ケースバイケース。

結論は「人(と会社の教育制度)によりけり」となってしまうのですが・・・。

しかし、それを差し引いても、強い使命感のようなものをもって働いている人は、そう多くない様に思います。

総合的に、「めちゃんこモチベーションの高い社員」は、そうそう多くない。

「めちゃんこモチベーションの高い社員」とは、例えばグーグルが掲げるような、

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」

みたいな気持ちで仕事をしている人間の割合です。

 

(そもそも論として世の中にそのような企業が一体何社あるんだって話はわきに置いといて)なぜなら、管理会社の社員とは、比較的保守的な仕事であり、そしてそのような業務に就くことを志す人間は、どちらかというとそういう人間が多いから、という話なのではないかな、と思います。

野心的な人間が、あえてこの業界での成功を目指す理由がイマイチありません。独立開業したいなら別ですが。

 

国民性などという戯言を持ち出すつもりはないのですけれど、それでも、なんというか、空気感はそんな感じです。

感覚的な意味なのですが、「サラリーマン」なんですよ。

良い意味でも、悪い意味でも。

 

自分がやっといてなんなんですけど、まあそういう理由で、高いモチベーションで仕事をしているフロントは少ないように思います。

 

問題点と改善点

あと、大きく問題なのが、管理会社の仕組みです。

フロントには、管理という行為に対するインセンティブがほとんどない、それが大きな問題であると思っています。

「良い管理を行うフロント」が社内で評価されず(というか、評価されにくく)、「会社にとって都合の良いフロント」が評価される傾向にあります。

 

次回「フロントのモチベーションが低い理由と、その改善方法とは?」に、続・・・く、かも。

最近、少し思う事があったので、こういう話が続く感じです。

難しいですね、こういう話は。

 

続きました。↓

フロントのモチベーションが低い理由

ABOUT ME
はじめちゃん!
はじめちゃん!
分譲マンションを管理する会社に勤めています。 資格:管理業務主任者/マンション管理士/宅地建物取引主任士/マンション維持修繕技術者/二級電気工事士/建築業計理士二級/二級建築士/1級船舶免許

POSTED COMMENT

  1. 器用人 より:

     フロントにも少数まともな方がいることを知り、安心しました。 本当に能力のあるフロントは、マンション(お客様)に感謝されます。 一方、それなりの(お役様を騙す)フロントは、簿外飛ばしで利益や裏金を作り、甘い汁を吸いますので、哀れな子羊は、たまったものではありません。 マンション管理運営は輪番制役員で行わず、地域社会を含めたマンションのことを考える区分所有者等で行えばよく、理事長と監事を特別理事と呼ぶ、財閥系悪徳管理会社は、排除しなければいけません。

  2. 二郎 より:

    この業界の慣習がありますからねぇ。

    最近、管理会社社長の松原清植という方が出版された「ゼロからの挑戦」という本が面白かったですよ。

    慣習を打破して、真に組合のための管理会社を創ろうと孤軍奮闘された方の自叙伝です。手数料なし、下請けが行う業務の元請けなし、純粋に管理委託費だけで勝負するという管理会社をつくられた方の記録です。

    よかったら読んで見てください☆

  3. 買った!
    しかしこれ、キンドルないのかなw

  4. 本当に、いろんな要素が絡まりすぎてて・・・って感じです。
    フロントだけの問題でもなければ、管理会社、マンション、区分所有者だけの問題でもなく。
    マンション管理の仕組みそのものが、こういった環境を招いている感はありますねえ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。